ノコノオト noko_note

nokoの雑記帳  あれこれつれづれ

Hapoさん(母) 久しぶりに本を見る

暑いね~と言いながら、こういうアッパッパーだと涼しくていいよね。と、暮しの手帖の直線立ちのワンピースのページを見てもらいました。 すると、ワタシの着ていたチュニックを見て、「それも涼しそうね 自分で縫ったの?」と聞いてきます。 (おー!今日は…

アンと愛情  坂木司/著 を読みました

お久しぶりのアンちゃんです。 和菓子のアン (光文社文庫) [ 坂木司 ]価格: 733 円楽天で詳細を見る 「和菓子のアン」で出会って アンと青春 (光文社文庫) [ 坂木司 ]価格: 726 円楽天で詳細を見る 「アンと青春」 そして、「アンと愛情」 アンと愛情 (…

サルスベリ

毎日、暑いですね。 夏空と百日紅。 紅白で並んで咲いているのを見つけました。 街路樹で見かけるのは赤いサルスベリばかりなので 白いのは珍しいです。 なんだか元気がなくて 百日、咲き続けられるか心配です。 植物からも「暑すぎ~」という声が聞こえてき…

おいしいアップルパイを食べました

「誕生日のアップルパイ」を読んでから hapo-mina.hatenablog.com ずーっとアップルパイを食べたーいと思っていました。 Hapoさん(母)に会いに行った帰り道、 あんまり暑くて喫茶店でひと休み。 メニューにアップルパイがありましたよ^-^ うふふ。 バニ…

暑くても雨でも会いに行く

毎日(ほぼ)、Hapoさん(母)に会いに行きます。 Hapoさんは、とても暑がりでした。 まだ一人暮らしをしていた頃には、省エネとか節電なんて言葉はHapoさんの辞書には存在しないほど冷たーくヒエヒエな室内だったのでワタシは寒すぎて、温度上げてくれない…

高速道路を走っていたら

久しぶりにひとりドライブ。 片道120kmほどの距離を運転しました。 その往路での出来事。 高速道路で渋滞もなく、スムーズに流れているのですが、 なんとなくスピードが遅めです。 追い越し車線を走る車も100kmを超えている様子がありません。 スピード…

わたしの美しい庭 凪良ゆう/著を読む

表紙絵にある赤い鳥居が不思議だと思ったのです。 「美しい庭」は、高原に建つ洋館の広ーいお庭のことかと思ったのですもの。 ところが、美しい庭は古いマンションの屋上にありました。 そして、そこは「縁切神社」の境内なのです。 風変わりな設定だと思う…

夏祭りと浴衣

夏祭りといえば、浴衣ですね。 最後に浴衣を着たのはいつだったかしら、 二着しか持っていないうちの一つは 高校2年の夏休みの宿題で自分で縫ったもの。 長く着れるように藍地の浴衣地で、 背中の柄合わせに苦労しながら縫いました。 浴衣って毎年新しく作る…

ブログを開設して4年が経ちました

昨日、7月14日はブログ開設記念日で、 はてなブログさんからもお知らせメールが届いていました。 はて? 4周年だからなのか? アクセス数が増えています。 そして、↓の記事への訪問が増えて、スターをつけてくださったり 読者登録をして下さる方もいらっしゃ…

夏祭り~盆踊り~♪

昨夜は町内の夏祭りの盆踊りがありました。 会場の公園がすぐ近くなので風にのって ♪ 月が出た出た~月が~出た~・・・・ サノヨイヨイ♪~ 「炭坑節」が聞こえてきました。 このあたりで盆踊りといえば、この炭坑節と東京音頭ですが、 きっと各地にご当地音…

史実どおりではないから面白いのかな

朝ドラ「虎に翼」の舞台が東京から新潟へ変わります。 はて? 新潟へ行くのがドラマでは1952年になっていました。 史実では、 1952年に赴任するのは名古屋地方裁判所で、 新潟家庭裁判所所には1972年です。 hapo-mina.hatenablog.com ↑この記事で案じていた…

ホンネ、本音の本ね。

新潮社のWebマガジン 考える人 に連載中の 「村井さんちの生活」が「義父母の介護」として書籍化します。 kangaeruhito.jp 村井理子さんは本音をオブラートに包まずに 時に悪態をつきつつも どこかユーモラスに捉えた文章を書く方だと感じます。 そのユーモ…

雨の合間に

降水確率50%の天気予報だった今日。 さて、降水確率の予報は当たるでしょうのか? そろそろHapoさん(母)に会いに行く時間だから、 降らないで欲しいな~と思っていたら雨が降り出しました。 あらら~、 仕方がないとレインウェアの支度をしているうちに …

インド綿の服とアップルパイ

庄野潤三/著 インド綿の服を読み返しています。 母・千寿子夫人さんの「誕生日のアップルパイ」の手紙と 「インド綿の服」の長女・夏子さんの手紙の両方を読むと 親子の思いやりをより深く感じることができます。 読みながらHapoさん(母)からもらった手紙…

ジュースを飲んでいたHapoさん(母)

ずーっと眠り姫のHapoさん(母)が、 昨日はベッドを起こした状態で座って オレンジジュースを飲んでいました! ちょうど飲み終わったところにワタシが来たからか 「もっと飲む」とお替りを催促しました。 食欲不振でも差し入れのジュースだけは 飲んでくれ…

暑いなかでも工夫をして涼しく過ごす

朝から暑くて、寝起きに、昼前に、三時にと 三回シャワーを浴びて、夜には湯船にじっくりつかる。 暑くても湯船につかることは欠かしません。 湯上りには、冷たくした くき棒茶を飲んでます。 グビーっとビールを、とも思うのですが、 アルコールを飲むと体…

ずーっとおしゃべりしています

7月になってHapoさんは眠ってばかり。 今までも「眠い、眠い」と言ってましたけれどね。 でも声をかけても目を開けることが少なくなりました。 それでも「来たよ~」と言うと 「うんうん」と頷いてくれます。 目をつぶっていても声は聞こえているので 今まで…

物語の幸福 庄野潤三展記念トークイベント

作家の江國香織さんと編集者・刈谷政則さん出演のトークイベントに参加しました。 おすすめの三冊を選ぶとしたら?と刈谷さんが江國さんに問いかけると、 「全部が素晴らしい作品だから選べません!」ときっぱり。 それでもお話がすすむにつれ、「文学交遊録…

星に願いを

商店街の七夕飾りに願い事を下げてきました。 暑さで笹の葉の色が変わってしまっていますが、 願いは届きますように^-^ 庄野潤三作品には「星に願いを」というタイトルの本があります。 山の上の家での夫婦日常シリーズの完結編。 【中古】星に願いを 講談…

#今日はここに来ています 20240704

どこに居ても暑い! 暑い! 今日も富士山は雲の中。

ピンク色の本

「誕生日のアップルパイ」を神奈川近代文学館の売店で見た時に 控えめなピンク色の表紙、仮フランス装がとても素敵だと思いました。 はて? ピンク色の本で少し前にも胸キュンしていましたよ。 コデックス装の「柚木沙弥郎おじいちゃんと私」 個性的な装丁の…

誕生日のアップルパイ 神奈川近代文学館 庄野潤三展 ②

庄野潤三作品には子供や孫たちからの手紙がたびたび登場します。 もちろん潤三氏と千寿子夫人も同じように手紙を書いていました。 「誕生日のアップルパイ」は千寿子夫人が長女・夏子さんへ宛てた842通のうちの130通を選んで編まれた本です。 神奈川近代文学…

神奈川近代文学館 庄野潤三展へ ①

楽しみにしていた神奈川近代文学館「没後15年 庄野潤三展」へ行ってきました。 hapo-mina.hatenablog.com 庄野潤三作品の根底を教えてくれる作家のことばが胸にしみました。 皆いなくなって、僕は少し切なくなる そのような切なさを自分の文学によって表現し…

2024年6月に読んだ本

・旅するキッチン 口尾麻美/著 ・若葉荘の暮らし 畑野智美/著 ・遠い唇 北村薫/著 ・切手デザイナーの仕事 日本郵便切手・葉書室より 間部香代/著 ・百合中毒 井上荒野/著 *************** あれやこれやに時間をとられて少な目の6月の読…

遠い唇  北村薫/著 を読みました

北村薫作品を久しぶりに読みました。 「日常の謎」を描くのがほんとうにうまい作家さんです。 ちいさな謎から殺人事件まで。 北村作品の中ではできれば人は死んでほしくはないのですけれど ミステリー作品なのですから致し方ないですね。 「しりとり」や「パ…

雨の金曜日

朝から雨模様。 昨日、切り戻したラベンダーとミントを ざくっと生けたら 部屋の中がいい香り~。 見栄えの悪い葉っぱや茎はハサミでザクザク刻んで 洗面器に入れてお湯を注いで 頭からタオルを被ってその湯気を顔に当てます。 ほんの数分ですが、香りと湯気…

蝶が食べるもの

自転車を漕いでいたら黄色い蝶がひらひらと横切っていました。 黄色の蝶は春のイメージがありましたがこの時季にも飛んでいるのですね。 蝶と言えば八島ヶ原湿原で見たアサギマダラを思い出します。 hapo-mina.hatenablog.com アサギマダラは ヨツバヒヨドリ…

切手デザイナーの仕事

切手デザイナー募集のことをSNSで目にしてからその仕事を紹介する本のことも知りました。 「切手デザイナーの仕事 間部香代/著 郵便局でフツーに買っている切手が出来上がるまでの様子を知りました。 hapo-mina.hatenablog.com この本には8人のデザイナーの…

蒸し暑くってやんなっちゃう😫

梅雨入りした関東地方ですが、 このあたりでは曇り空ですが雨が降りません。 降らないけれど、湿気があって体がのびてしまいそう。 びろーーーーん。 せっかく体調が良くなってきているのに なんだかぶり返しそうだわ。 そこで気分転換♪ 美容院へ行ってヘア…

懐かしいことはいいことだな 

このところ思い出話に花が咲いているこのブログです。 年寄りは昔話しばかりしていると若いころは思ったものですが、いまやそっち側が立ち位置になっています。 いいですよね、それで、と思えたのがこの展覧会のタイトルです。 「生きているのは、やっぱり懐…