老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

内視鏡検査 みたび。

Hapoさん 三度目の内視鏡検査が終わりました。

 

 

 

その日の検査は午前10時30分の予約だったのに呼ばれたのは、

11時20分。

事前に血液検査があるのですでに1時間半以上待ってやっと順番になった。

検査室に入ると検査の先生が、大きな声で

「この患者は一番最後にしてと言ったでしょ。なんで呼ぶの。」

と看護師にむかってお怒りのご様子。

「はい、だからこの方が最後です。」ですってー。

 

というか、予約時間過ぎてますよね。

もう充分に待ちましたよ。

Hapoさん 検査する前から待ちくたびれてぐったりです。

どうりで、後から来た人がどんどん先に呼ばれたわけだわ。

なら、年寄りの予約時間は11時過ぎって決めてくれたらいいのに。

 

そして検査は三度目の正直、とはならず快復はあまりみられず管は細いまま。

検査技師の先生は診断はしないので

 

「これからのことは担当医を話して。ま、流動食のままだね」

 

と言われたのは検査終了後、Hapoさんが診察台から車いすに移乗するとき。

その言葉がHapoさんに聞こえたかどうかはわからないけれど

検査の気持ち悪さからか下を向いたまま。

 

もう、なんて先生なの!

 

心無い言葉を言ってますよ。先生。

事実かもしれないけれど、もう少し言い方があるでしょう。

 

その後、会計でも後からの人がどんどん呼ばれる。

 

我慢強いHapoさんもさすがに、

「遅いね~。」

 

会計窓口へ行くと、

「検査科からデータが来ないのでまだ会計ができないんです。

 もうしばらくお待ちくださいね。」

 

むむー。

 

むむむーーーー。

 

病院ではこんなこと日常茶飯事でしょう。

 

Hapoさんは、早く横になりたい様子。

 

「ごめんね、Hapoさんもう少し待ってね」というと

 

「お前が謝ることじゃない。」

 

うっーーー。

 

できた親ですなー。

 

 

結局、病院に来て3時間後にすべてを終わることができました。

駐車料金の割引は3時間までなので,

ぎりぎりセーフ。

(何が~~~~! )

 

 

さて、本題のこれからのこと。

 

帰りの車の中でHapoさんに現状を話し、

次回病院へ行ったときに担当医と

どのようなことを話すか気持ちを確かめてみた。

 

普通食を食べると食べ物を吐く恐れがあり

それにより誤嚥性肺炎を起こす可能性があること。

リスクがあっても固形物を食べたいか、

流動食を食べ続けるか。

 

Hapoさん しばらく考えて

「そりゃあ、安全性を優先するわね。」と。

流動食、やむなし。

 

老人ホームに戻り、遅めの昼食を食べるHapoさんに付き添うことができた。

まるで園児の食卓のようにプラスチックのカップ

どろりとした液体が5つ。

 

スプーンでそれぞれの液体をぐるぐるまわし。

順に口にいれていく。

 

「口から食べられるだけでも、幸せよ~。」

 

プレーンヨーグルトを口にすると、

「あ~おいしい。これ大好き。」

 

ぬるめのお茶がいいのと施設の人にリクエストして飲むと

しかめっつらをしたので、施設の人が

「熱かった?」と覗き込む。

 

顔をくしゃくしゃにして指でOKマークをつくり

「ばっちり~。」

おちゃらける。

 

周りにいた人たちが大笑い。

 

Hapoさんが明るいのは、

自分の弱さや辛さを隠すため。

 

Hapoさんの無念さを思って涙をこらえる。

 

コロナ禍で家族の部屋への入室は禁止されているものの

この日は特別に私だけ部屋で一緒に過ごすことができた。

 

一緒に居た夫は車で待っている。

 

「夫君は来ないの? 

  部屋の中、見てもらいたいのに。」

引越しを手伝ってくれた夫君への気遣い。

 

入室人数は最小限にと言われているので来れないんだよというと

「じゃあ写真撮って見せてあげて。」とピースサインをする。

 

Hapoさんが明るいのは嬉しいのに、

なんで切なくなるんでしょうね。

 

 

「なるようになるから大丈夫よ。」と

Hapoさんに言われて、ホームを後にしましたとさ。

 

 

「いも」といえば、

今週のお題「いも」

 

「いも」と言えば、サツマイモでも、じゃがいもでもなく、

 

私です!

 

芋姉ちゃんではありませんよー。

 

すぐ上の兄(三兄)とは2つ違いなので、中学、高校と私が1年だと兄は3年。

1年だけ重なる学校生活。

私が入学してくると、兄の同級生たちが、

「おまえ○○の妹か?」と教室に見にきます。

 

仮に○○←苗字が鈴木だとしましょう。

 

「鈴木の妹ー。」

「スズキのいもうとー」

「すずきのいもうとー、で、スズいもだー。」

「すず芋! すず芋ー。」

 

はいはい。

芋の使い方間違ってますよー。

鈴妹ですよね。

 

認めてどうするー。

 

小野妹子っていうくらいだから、

 

鈴妹、上等だー。

 

「すずいもー。」

 

「はーい。」

 

と返事をしているわたしがいました。

 

アニキの友達とつるんで遊ぶのもそのころは楽しかったな。

 

兄が卒業しても先生たちから、

「すずいも」って呼ばれるのは、

ちょっとねー、でしたけど😆

 

 

 

思い出の本

ときどき、子供のときに読んだ本がふっと懐かしくなります。

 

f:id:hapo_mina:20201028125543j:plain

人形の家 ルーマー・ゴッテン作

f:id:hapo_mina:20201028125701j:plain

人形の家の間取り

木でできたオランダ人形のトチーが主人公。

本を開くと人形の家の間取りが描かれています。

その部屋を眺めるのが大好きでした。

窓にかかったレースのカーテン。天蓋付きのベッド。

美味しい料理が作れそうなキッチン。市松模様の床のタイル。

子供の目には魅惑の外国の生活です。

お人形遊びの中に人の高慢さがいじめがあったり

人生訓のようなこともあってなかなかシビアなお話です。

 

小さい人つながりで「こかげの家のこどもたち・いぬいとみこ作」も思い出します。

 

子供だからといって、ふんわりとしたファンタジーなお話しだけを

読んでいたわけではないんだなと思う。

 

 

もうひとつは、

f:id:hapo_mina:20201028131428j:plain

だれも知らない小さな国 佐藤さとる

佐藤さとるさんのコロボックルシリーズに出会ったのは小学3年生か4年生のころ。

本屋で見つけて買おうとすると本屋のおじさんにまだ早いんじゃあないかな?

と言われたけれど、村上勉さんの挿絵に魅了され手にいれました。

漢字にはフリガナがあったので、当時の私にも読むことができ、

自分が読み終わり、家族全員に勧めて、

家族全員がコロボックルのファンになりました。

 

雨蛙をみつけるとコロボックルかも、と思ったり

ザリガニを釣りにいく池に行く途中にもコロボックルがいるかもしれないと

そわそわしたり。

四角い竹がどこかにあるかもと探したり。

 

小学生の時にかった単行本はその後、兄の友達に貸し出し周り

けっきょく行方知らずになってしまいましたが、

大人になって青い鳥文庫になっているのをみつけ、すかさず買い求めました。

 

 

アラ還になっても思い出すのだから本の影響ってすごいですね。

 

子供のときに読んだの本の頁を

今でもめくるのは、

 

子供が子供でいられた日々が

懐かしいから、

 

かもしれません。

 

 

 

 

 

 

老娘(ロームス)、妹の逆襲

4人きょうだい、末っ子の長女のワタクシ。

 

時々登場する3人の兄たちに翻弄される。

 

今日は、一番の兵、長兄との闘いがあった。

 

長兄からはHapoさんの様子を聞くためにたびたび我が家に電話がある。

 

毎日続き、しつこいこともあったけれど

老人ホームへ転居後、コロナ禍もあり

私もあまりHapoさんに会えないことを理解し、

一ヶ月に一度ほどの頻度に減ってほっとしていた。

 

昨夜、久々に長兄からの電話。

 

それなりに現況を知らせて穏便に電話を終わるはずが、

くどくどと長男風を吹かせてきたので、

末っ子・ロームスの逆襲スイッチがOnしてしまった。

 

 

 

長兄にとって分の悪い内容の話をする。

それを自分ができないとは言わず、

何かしらの理由をつけ自分は悪くない、

やるつもりがあっても周りが悪くてそれができない。

あくまで自分の大義名分を守ろうとする。

何でもやる、なんでもできる、なんでも知っている。

と大風呂敷を広げる。

優越コンプレックスが丸見え。

 

そんな話を聞いたのち、長兄の真似をして、

母の今後について同じことを繰り返し話してみると

「同じことばかりでつまらん、もう電話切る」と言い出した。

「私の話に飽きた?」と聞くと

「ああ、飽きたよ。同じ話ばかりでいらいらする。」ですって。

母のことなのに、分の悪さを感じてその場から逃げようとする。

 

ほほー。

 

こちらが、イラっとして電話を切ることがあっても、

長兄から電話を切るっと言ったことは今までない。

なんか、してやったりな気分。

 

けれど、人を追い詰めてもこちらとて気持ちがいいものではない。

それに気分の悪いまま電話を切ると、

長兄の気持ちが収まらず再びの電話がかかってくるのは

目に見えているので、そこはすかさず話題転換。

 

長兄の過去における、愚痴話も聞き、心を落ち着かせてもらい、

 

最後は気持ちよく電話を切ったのでありました。

 

話の内容はとても書けないことばかりだけれど、

今は、傾聴する心づもりをもって話を聞くことが少しづつできてきた。

 

これもいろいろな本を読んだおかげです。

 

還暦過ぎた長兄とのかかわりが、じっとりと迫ってくるのが

辛くもあるけれど、

 

はい。

 

やっぱり最後は「しょうがないね~」で話が終わるのであります。

 

な~んか、いつもこんな調子だから成長できないんだな。

 

年を取るとわからないことなんて無くなると思っていたけれど

未だ、わからないことだらけです。

 

逆襲成功なような、失敗なような、、、。

 

まっ、どっちでもいいや。

 

 

ススキの原を見て、ひと呼吸

f:id:hapo_mina:20201027113536j:plain

すすき越しの月

ようやく秋晴れが続いています。

 

週末に、すすき越しに月を見上げて、ひと呼吸。

 

あれやこれやが続くと、息が詰まってしまいます。

 

ほんの少し、呼吸を緩めて、次のステップへむかいましょう。

 

はぁーっとでるのがため息でも、

 

そのあと、息を整えれば大丈夫。

 

 

 

 

 

 

私が誰かわかりますか

初めての作家さんシリーズ?

谷川直子さんの作品です。

 

タイトルを見た瞬間に、認知症の人に関する内容なんだろうなと思いました。

 

主人公が義理の父を介護するのが主軸のお話ですが、

 読み進むと、介護や義理の中や、世間や、嫁や、夫婦や、自分や

あれやこれやが、もう、ほんとめんどくさい。

 

 

その主人公が義理の父を介護することの目的が

「夫に認められること」というのが、なんともいえない。

 

でもこれが現実なのですよ、と提起しているのか、

励まされているのか、、、、。

 

 

f:id:hapo_mina:20201023122412j:plain

私が誰かわかりますか・谷川直子(著)

表紙の景色がちゃんと主人公の仕事と心を現しているのだと思って

本の装丁って大事なポイントだなと別のところで府におちたり。

 

いろいろ考えることを教えてくれたような気がします。

 

 

わが母、Hapoさんが

私のことを名前で呼びかけてくれると

なぜかほっとしている自分に気づきました。

 

 

 

足ふきマットがモップに変身

昨日のバスタオルとバスマットを

雑巾やウエスにしようと切ったり、縫ったりしていたら、

 

足ふきマットのイボイボ?を見て、

こういうの売ってる?とひらめき、

4分割して切ったところを別布でくるみ、

 

じゃーん

f:id:hapo_mina:20201022150204j:plain

床用モップが4枚できました

床用モップに変身しましたよ!

 

いや、こんなこと記事にするなんて、

 

ケチくさい?

 

ケチでは、なく

 

できれば

 

約しい と言って頂けるとありがたい(^^ゞ

 

つましく

 

妻らしく、

 

慎ましく、

 

つつがなく、

 

生きるって

 

けっこう大変ですもの。