老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

ちいさなお出かけ

昨日のこと

 

バスと電車に乗って お出かけしてきました。

 

 

 

公共交通機関を利用してのお出かけは去年の9月以来です。

 

新しいバス路線ができているのを知り、

 

路線バスでさえ、

 

うれしくてワクワク、

 

きょろきょろしながら乗車しました。

 

この様子、

 

最近読んだ本「スバらしきバス 平田俊子/著」のようだなと思いながら。

 

 

 

日本の布にまつわる展示会を見てきました。

 

人々が日常に着てきた美しい布たちが

 

ガラスの中でほほえんでいました。

 

 

そして館内にいらした布好きさんたちのファッションにも

 

釘付けでした。

 

 

 

去年の9月のお出かけも布の手仕事の展示でした。

 

やっぱり好きなものは、行きたくなります。

 

 

 

まだまだ自粛を続けなければいけない現状で

 

こうやって出かけることは、

 

気のゆるみなのかなとも思うけれど

 

手洗い、うがい、マスクの着用。

 

ひとりだったから、会話もなし。

 

人数制限された館内。

 

だから、いいよねと誰ともなしに問いかけてます。

 

心のチックンを感じないで 出かけたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアコンなしで夏を涼しく過ごす工夫

暑中お見舞い申し上げます 

 

いよいよ大暑の候となりました。

 

暑い日々を過ごしていますが、

 

 

エアコン、無いのです。

 

わが家には。 

 

エアコン無し生活を かれこれ30年ほど続けています。

 

 

去年もそのことを書いていますね。

hapo-mina.hatenablog.com

 

そして、今年の夏もやっぱり暑くて、暑くて、暑い ですね~。

 

 

その暑さをエアコンなしで凌ぐ工夫をご紹介。

 

 

皆さんのお宅にはエアコンがあるでしょうから

 

こんな話 必要ないでしょうけれど、

 

この工夫を併用すると

 

設定温度を上げることができるかも???

 

 

 

1.部屋に陽が差さないようにする。

 

つまりは遮熱することですね。

 

遮熱や遮光カーテンを昼でもひいておくと室内の上昇温度がぐんと下がります。

 

窓に合わせて断熱材をカットして壁紙を貼ったものを窓の内側の下部に

 

はめ込んで断熱しています。

 

二重窓ならこの必要も無いのでしょうが、

 

なにせ古い建物なので窓ガラスは一重です。

 

それに加えて ドレープカーテン(遮光カーテン)の2重架けをしています。

 

ベランダ(室外)にオーニングなどの日よけをプラスしています。

 

オーニングのほうが外側断熱になるので遮熱の効果があがります。

 

オーニングをすれば目隠しにもなるので

 

ドレープを半分開けて、レースのカーテンだけを閉めれば明るさも得られます。

 

 

 

2.空気の流れを作る

 

朝は北側の窓を大きくあけて扇風機を回して南側の窓は閉めます。

 

それでは流れができないので台所(南側)の換気扇を回して空気の流れを作ります。

 

午後、南側の日差しが落ち着いたらベランダに打ち水をしてから窓を開けます。

 

扇風機は2台以上使ってその日の天気によって涼しい風が室内に入るように

 

工夫します。

 

 

 

3.自分の体を冷やす

 

首筋にネッククーラー(保冷材)を巻くと過ごしやすくなります。

 

日中はシャワーを浴びて汗を流すのも効果的。

 

水分補給も忘れずに。

 

ただし冷たいものは摂り過ぎないこと。

 

長袖の冷感シャツを着ていると汗が冷えて少し涼しく感じます。

 

夜は冷感シーツを愛用です。

 

 

こんなことまでしてエアコン無しの生活をしなくてもよさそうなのに、

 

エアコンの冷風がどうしても苦手です。

 

先日の母宅では母がいるからエアコンをつけていましたが

 

やはりレッグウォーマーと長袖の服を着てすごしていました。

 

暑いのはいやなんですけれど、

 

エアコンの冷気のほうがもっと嫌なんですよね。

 

こんなこと言っていられるのも今のうちのような気がしますが

 

今年はまだエアコン無しで過ごせそうです。

 

 

 

エアコンを設置するよりも

 

涼しい自然豊かな場所へ避暑に行くほうが

 

わが家にとっては嬉しいことです。

 

 

 

さてこの夏は避暑に出かけられるでしょうか。

 

 

 

室外温度 34℃

 

室内温度 28℃のうす暗い部屋から

 

nokoがこの記事を書いてお届けしました~😆

 

 

 

   

 

 

 

 

 

洗濯ものを干すのが楽しい♪

Hapoさん(母)に会いに行ったときは

 

母の家で使用したシーツやタオルなどを自宅に持ち帰り洗濯をします。

f:id:hapo_mina:20210721134406j:plain

 

今週の月曜日は朝から晴れ♪ でした。

 

洗濯日和で気合が入ります。

 

 

ベランダに大物の洗濯ものが広がっている景色は

 

ワタシにとっては喜びの風景です。

 

普段の洗濯も好きですが、シーツが並んで干してあると

 

いちだんと幸福度が増します。

 

 

暑い、暑いと言いながらも

 

こういう静かな日常が過ぎていくのが

 

何よりも幸せで、大事な時間です。

 

 

単純だな、と思うけれど

 

その単純さを気に入っている自分です。

 

 

 

 

洗濯干しのこと 今までも書いていますね。

hapo-mina.hatenablog.com

 

真夏の今も洗濯もの干せて 幸せですよ~。

 

 

 生活を楽しむ

 

日常の

 

普段の

 

生活のなかで

 

楽しむ

 

楽しむ

 

 

楽しみは

 

 

そこここにありますね

 

 

f:id:hapo_mina:20210721134532j:plain

百日紅

この夏もサルスベリが咲きました。

 

 

 

 

 

 

7月の母とのランチ その2

3人とも昼寝から目覚め、

 

オットとワタシの昼食の仕度をはじめました。

 

この日のランチのメインはカレーだったのです。

 

お腹が空いてすでに目が覚めていたわたしたちですが

 

寝ている母がカレーのにおいで目が覚めるのがかわいそうかなと思い

 

母が起きるまで仕度をするのを待っていました。

 

 

母は他の人が何を食べるのかを とても気にします。

 

自分と違うものを食べているのが嫌なのでしょうね。

 

 

ワタシ:「これから私たちお昼ご飯にするけれど、Hapoさんも少し食べる?」

 

母:「何食べるの?」

 

ワタシ:「カレーよ。 夏といえばカレーでしょ♪

 今日のメインはカレーだったんだけど、

 Hapoさんもうお腹いっぱいだっていうからさっきは出さなかったけれど、

 Hapoさんの分もあるからね」

 

 

母:「私も食べられるものなの?」

 

ワタシ:「Hapoさんが食べられるカレーを用意したのよ」

 

母:「じゃあ、少し食べようかしら」

 

お皿の大きさは大中小と違うものの、同じメニューを一緒に食べられるのが

 

嬉しそうなHapoさん。

 

Hapoさんの分は全粥手前の柔らかさのご飯と具を潰したカレーを盛り付けました。

 

三人とも同じものだからね と言うと満足げに食べています。

 

ホームでは同じテーブルの人が美味しそうなものを食べているのを

 

うらやましくみているHapoさん。

 

会うたびに「食べ物の恨みは怖いのよ~」というので

 

一緒に食べるときは同じものを食べるようにしています。

 

三口ほどの量のカレーでしたが、満足するとまたベッドに横になります。

 

オットとおしゃべりしてまたウトウト~。

 

眠り姫ですね。

 

 

 

再び目が覚めておしゃべりしていると、施設での食事の話にまたなって

 

母:「目の前でバナナ食べていてね、いいな~食べたいな~と思ったのよ。」

 

ワタシ:「バナナは小さく切れば食べていい食材だって

 ホームの人に言ってあるのに Hapoさんの分はなかったの?」

 

母:「そうなのよ。ケチよね~。」

 

ワタシ:「バナナ あるけれど、今 食べる?」

 

母:「えっ?!バナナあるの? 食べる~ 食べる~。」

 

さっきは眠り姫で、こんどは食いしん坊のお嬢様ですね。

 

小さく切ってフォークを添えてだすと、

 

母:「うぁー バナナ♪ 食べていいのね。」

 

ワタシ:「はい、どうぞ 召し上がれ~。」

 

 

 

食べるか、寝るかで 食べすぎかとも思うのですが

 

食べられるものを食べたいだけ食べて欲しい

 

本人もワタシも思っています。

 

 

気持ち悪くない?

 

お腹痛くない?

 

すっぱいゲップが出たりしない?

 

ごっくん(飲み込み) できてる?

 

いちいち うるさく聞いてはいるのですが、

 

 

母:「ダイジョウブ。ホームに戻ってからもお通じいいし

   お腹痛くなったりしていないから心配しないで。」

 

そして この日のフィニッシュは

 

「三時のおやつはクリミール♪」

 

いつもと同じものでも

 

「わぁ~ 嬉しい。 いつ出てくるのかと思ってたの~」

 

今月も食欲旺盛なHapoさんでございました。

 

この日食べたのは

 

カニクリームコロッケ

*にんじんピューレ

クリームチーズ

*枝豆ムース

*ポテトサラダ

・水羊羹

・カレーライス

・バナナ

・クリミール

・野菜ジュース 500ml

 

ワタシが作ったのは*印のみっつだけ。

カレーはレトルト食品(辛くないのをさがしました)

 

帰りの車で今日食べたのでいちばんよかったのは何?

 

と聞くと、

 

う~ん と考えて

 

「カレーかな。 だって夏はカレーでしょ。」

 

がんばって作った料理も夏のレトルトカレーには

 

勝てませんでした。

 

 

ひと月に一度のことだから

 

ついつい気合が入ってあれこれ作ろうと思うけれど

 

和定食になるような献立は実はそんなに喜んでもらえないようです。

 

なんならぜーんぶお菓子でもいいみたい。

 

クリームたっぷりのロールケーキやくちどけのいい水羊羹などなど。

 

 

来月はHapoさんのお誕生日月間なので

 

デザートプレートにして喜んでもらいましょうか 😊

 

 

 

 

7月の母とのランチ その1

グーグルマップさんは、母のいるホームを検索すると

 

「この場所は4週間前に訪問しました」と教えてくれます。

 

 

ひと月経つのが早いです。

 

 

今月は Hapoさん(母)が車椅子に乗ってヘルパーさんに

 

付き添われて玄関に出てきてびっくり!!!

 

 

 

歩けなくなっちゃったの???

 

 

 

先に玄関に出て来てワタシと話していた職員の方も

 

「えっ? どうしたの?」と驚いています。

 

 

ヘルパーさんは

 

「車椅子でお出かけではないんですか?」

 

母に 

 

「車椅子で出かけたいの?」と聞くと

 

母:「わからない。 だって車椅子持ってきてくれたから座っただけよ」

 

新しく入ったヘルパーさんだったので様子がわからず気をきかせて

 

車椅子を用意したみたいです。

 

職員さんは 「びっくりしたー。 歩くのいやになったのかと思った~」

 

母:「歩けるわよ、歩行器があればね。」

 

ヘルパーさんが急いで部屋から歩行器を持ってきてくれて

 

それを使ってスタスタ歩いて車に乗ります。

 

車への乗車も足がちゃんと上がって

 

介助なしで乗れてホッとしました。

 

ワタシ:「今日は、調子いいみたいね」と声をかけると

 

母:「そうぉ~?」

 

職員さん:

「最近 歩くのがいちだんとしっかりしてきたので車椅子に乗っててホント、

 びっくりしましたよ~。」とワタシに話しかけます。

 

母:「ほらほら、おしゃべりしてないで レッツラゴー♪」

 

みんなで大笑いしながら、

 

「行ってきまーす♪」

 

「行ってらっしゃ~い♪」と 7月のランチの日が始まりました。

 

 

 

梅雨が明けて真夏日になったこの日。

 

自宅マンションへ行く途中の海沿いにある公園が海水浴場になります。

 

大きな浮き輪がスラリと並んだお店や水着で歩く親子を見て

 

「もう夏になっちゃったわね~」と 眩しい海と空を見て 母が言います。

 

ワタシ:「もうすぐ、1年経つね」

 

母:「なにが?」

 

ワタシ:「ホームに引っ越してからよ」

 

母:「そうなの? もう そんなに経つの? 早いわね~。」

 

早く感じてくれているのは、刺激のある日々を過ごしているおかげかな 

 

と思いながら相槌を打っていると

 

母:「今日はね、朝9時ごろに nokoちゃんが来るって教えてくれたのよ。

 

 もっと早く教えてくれれば なにを食べたいか じっくり考えられたのに。」

 

 

今日も母の食欲は全開です!!!

 

 

何を食べましょうかと 尋ねると

 

 

「水羊羹でしょ、かぼちゃの煮たの、カステラとか ヨーグルト、

 

 あと青汁(野菜ジュースのこと) 青汁、青汁がいいわね。」

 

毎回 ほぼ同じことを言う母。

 

「野菜の名前 言ってください」という認知症テストになってしまっているのかと

 

ちょっと不安になりつつも 

 

食べることに関しては真剣な母ですから

 

真剣に食べたいものを答えてくれているのだと思います。

 

 

月に一度のお楽しみが、

 

毎回同じような内容でも 

 

好きなものであれば満足なんでしょうね。

 

 

 

今日もスーパーに寄って買い物して行くかと聞くと

 

母:「この間のお店のは美味しくなかったから 行かない」

 

ワタシ:「他のお店に寄ってもいいのよ?」

 

母:「nokoちゃん 何か用意してくれているんでしょ。だから寄らなくていいわよ」

 

 

先月のこと 覚えているのね。

 

食の記憶はちゃんと刻まれていますね。

 

 

 

この日も 午前11時頃に部屋に着くと 

 

母が「部屋着に着替えたい」と服を脱ぎ始めました。

 

前回 食べ物をこぼして服を汚してしまったので

 

着替えたかったようです。

 

 

着替え用のスウェットの上下を出すと

 

「こんな厚ぼったいの嫌よ。これしかないの? まあしょうがないわね」

 

 

 

「お腹すいたわよ。 早く食事出して。さっさと出すー。青汁~」

 

いきなりテンションが上がります。

 

オット:「Hapoさん 今 nokoが青汁注いでます。 まもなく到着しまーす」

 

ワタシ:「到着でーす」

 

母、一気飲み~の後 (グラスは80mlほどの小さめのものを使っています)

 

「ぷはぁ~ ビールの一気飲みだわね~ もう一杯!」

 

オットが「Hapoさん さ、さっ もう一杯どうぞ」とお酌します。

 

オットにしばし母の相手を頼み、食事をお皿に盛りつけます。

 

1皿目は

カニクリームコロッケ 1個、にんじんピューレ(大匙1ほど)クリームチーズ半個

 

クリームチーズを見て

 

母:「これ何?」 

 

ワタシ:「クリームチーズよ」

 

母:「そんな高級品買ってこなくていいのに」

 

ワタシ:「いえ、スーパーで売っている安物ですから。」

 

 

2皿目は 枝豆のムース

 

3皿目は ポテトサラダ

 

母:「この間よりは おいしいわね」

 

はい、ありがとうございます。 ワタシが作りました。

 

ポテトサラダを半分ほど食べたところで、 

 

母:「水羊羹は無いの?」

 

ございます。 今 お持ちいたします。

 

 

母:「これも この間よりおいしいわね」

 

はい、デパートで調達させて頂きました。 こちらはやや高級品でございます。

 

 

水羊羹を食べだすと、

 

おいしいと言ってくれたポテトサラダにはもう手を出さず

 

水羊羹も1/3ほどを残し、

 

「もうお腹いっぱい。いらないから nokoちゃん食べて。

 

 そういえば、あなたたちは 食べないの?」

 

と 周りに目をむける余裕ができたようです。

 

 

ワタシ:「まだ11時半だから おなかすいてないのよ。 あとで食べるからね」

 

母:「そうなの。ワタシはおなかいっぱいだからちょっと横になるわよ」

 

枕を高くして横になるとしばしおしゃべりタイム。

 

 

そのうち、スースーと寝息が聞こえてきます。

 

スー スー  ぴー ぴー

 

おや? 寝息がふたつ。

 

部屋の隅で本を読みながら見守っていたオットもいつのまにかフネを漕いでいます。

 

 

とりあえず、母の食器を片付けてから

 

もうひとつ 寝息が加わり三重奏になりました。

 

 

エアコンの効いた部屋で母と夏のお昼寝。

 

昼寝は夏の季語ですね。

 

「スーピーピ寝息三っつの昼寝かな」

 

平和で幸せな時間です。

 

 

 

お昼寝から目が覚めたオットとワタシはお腹が空いたのでお昼ご飯にします。

 

 

長くなるので お話は次回へ続く~ です。

 

 

「昼寝覚め 母変わらずの 食べたがり」編 乞うご期待(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

エコロジーのこと

エコバッグを作って、エコロジーってなんだろうとちょっと考えてみました。

 

なんとなく、気になることだけれど

 

率先して、優先して、考えたり行動はしていないのが現状です。

 

最近では SDGsということばもよく耳にするようになりました。

 

 

レジ袋が有料化されて1年が経ち、レジ袋を使わない生活には慣れてきています。

 

買う時にはプラスチックの袋をもらうことは減りましたが

 

家庭ごみを出すときには、変わらずに使っています。

 

 

今のところプラスチックフリーには程遠い生活をしています。

 

 

それでも ゴミを出す量を減らすことは心がけています。

 

  

流し台には三角コーナーを設置せずにチラシに包んで捨てています。

 

最近では野菜クズはコンポストに入れるようになったので、

 

わが家の 1週間に出るごみの量は

 

 生ゴミは,

 

食パンの入っていた袋ほどの大きさに1、2個分です。

 

 

プラゴミは、

 

レジ袋の大サイズの1袋分ほどの量が1個です。

 

  

プラゴミはハサミで小さく切るのでその大きさで足りているのだと思います。

 

 

なるべくプラ素材で包装されていないものを買いたいのですが、

 

 

スーパーではなかなか難しいですね。

 

 

昔のように かご盛りしている野菜とか、

 

経木で包んだ肉や魚が買うことができれば

 

いいのに と思います。

 

 

 

 

プラスチックフリーの生活について興味深い記事を読みました。

 

 

雑誌「婦人之友」2020年8月号

「身の回りのマイクロプラスチックを知る」というものです。

 

 

マイクロプラスチック(以下MP)の発生源についてや、MPで起こる危険性

その問題への取り組みについて8ページにわたって書かれています。

 

 

その中で一番印象に残ったのは、

 

自然保護団体WWFが大学に委託した調査結果によると

 

人が週に5g(クレジットカード1枚分)のMPを食べているという報告があった。

 

 ということです。

 

日本の食生活にも当てはまるのかは不明ですが、まったくゼロではなさそうです。

 

日々 MPを食べている

 

と言う事実に衝撃です。

 

 

 

暮しの中でできることの対策はただひとつ

 

 

プラスチックの使用量を減らすこと

 

 

できることから始める。

 

 

プラゴミの嵩を減らすのではなく、

 

 

プラを買わない、使わない

 

 

プラの無い生活を自分で選んで実行するのは大変だけれど

 

 

頭のかたすみにおいておく

 

 

それだけでも、違ってくるのかなと思います。

 

 

 

 

洗剤なしで油汚れが落ちるというアクリルタワシも

 

MPのもとになっていると知り、使うのをやめました。

 

 

 

代わりに麻や絹の端切れで作ったタワシや布巾で洗っています。

 

できることから 少しずつですね。

 

 

 

先日書いた 便利に使っている吸水タオル(マイクロファイバー)との共存を

 

悩ましく考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傘の再利用

傘の話題が続きます(^^♪

 

梅雨明けしたのにね~。

 

今日は傘生地を使ったリメイクです。

 

買ったばかりの折りたたみ傘が強風で

 

骨がほとんど折れてしまいました。

 

出先で雨に降られて慌てて買った安物買いの、、、物です。

 

 

 

他にも傘はたくさんあるので処分することにしましたが、

 

ワタシが住んでいる自治体では傘は骨の金属部分と傘布に分けて

 

ゴミ出ししなくてはいけません。

 

 

それでリッパーを使って布外しをしていたら

 

もくもくと貧乏症が湧きだして、何かにしようかな~と

 

 

 

(前置き長すぎ~)

 

 

外した△の布を互い違いに縫い合わせて四角にして

 

中サイズ(40㎝角ほど)の買い物袋(エコバック)を作りました。

f:id:hapo_mina:20210716171714j:plain

傘布でエコバッグ

 

 

ポケットもつけて

 

傘を畳んで止めるのに使った紐も再利用して

 

小さくまとめられるようにしました。

f:id:hapo_mina:20210716171758j:plain

畳んだところ

 

傘生地なので軽くて、かさばらないのがいいですね。

 

骨の部分だけを金属ゴミに出しました。

 

 

 

エコバックばかり増えてエコって言えるのかな?

 

という疑問もわきますが、買うものによって使い分けています。

 

 

ワタシが持っている食材の買い物用のエコバックは

 

この傘生地のような撥水性のあるものが

 

大2枚、中3枚、小1枚です。

 

この他に保冷バッグが二つあります。

 

これって多いのかしら?

 

少ないのかしら?

 

 

普段のお買い物には保冷バッグひとつと大と中の袋を一つずつ持っていきます。

 

  肉や魚の生ものを保冷バッグに、野菜などの重くてかさばるものを大に

 

パンや調味料は中の袋にと言う感じです。

 

ショッピングモールへ行って一緒に洋服を買う時は、別に木綿地のバッグをひとつ。

 

 

 

木綿などの布でできた手提げ袋(トートバッグ)は、この数に含まれていません。

 

それをエコバッグ と呼んでしまったら、数えるのが嫌になるほど

 

持っています😆

 

レジ袋が有料化する前からエコバッグは持ち歩いていましたが

 

エコバッグ以外の呼び方のほうがいいのにな、と思います。

 

素直にお買い物袋でいいのかしら?