老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

メモ書きのことば

≪カレー散歩≫ おかあさんはもう台所にたたない。 カレーは作ってもらったよりも 作った回数のほうが多くなった。 ≪川風の町で≫ ひとづきあいは波のようだが 浜でぼんやりしているのは変わらないから いずれまた近しくなるときもある。 ≪ともだちごはん≫ ごは…

食エッセイの魅力

五人家族の友人が毎日の献立を考えるのが大変だったけれど このツイッターを知ってからだいぶ楽になったと教えてくれたのが 「きょうの140字ごはん」 寿木けい (@140words_recipe) | Twitter との出会いでした。 その「140字ごはん」はすべての料理に分量が…

2022年4月に読んだ本

・山の上のランチタイム 髙森美由紀/著 ・こころの旅 神谷美恵子/著 ・美しい書物 栃折久美子/著 ・ラクする台所 一田憲子/著 ・はかどるごはん支度 高木ゑみ/著

こころの旅

「あ~だから今夜だけは~♪」という曲を思い出した方 いらっしゃいますよね。 財津さんの歌声 子供ながらに好きでした。 が、その曲のことではありません。 神谷美恵子さんが書かれた「こころの旅」です。 こころの旅 (神谷美恵子コレクション) [ 神谷美恵…

魔法のことば

『魔法のことば』 柚木沙弥郎さん百歳記念の復刻版の絵本です。 ずっとずっと大昔、人と動物に区別がなかったころの おはなしです。 この絵本を製作したころのエピソードも語られていた 4月14日(木)のラジオ深夜便に出演されていた 柚木沙弥郎さんのお話し…

山の上のランチタイム

山の上のランチタイム 高森美由紀/著 を読みました。 山の上のランチタイム (単行本) [ 高森 美由紀 ]価格: 1760 円楽天で詳細を見る 本州最北端の県のとある山の麓にあるレストランを舞台にしたお話です。 そんな遠くではなくて、ウチから一時間以内の場…

おむすびの思い出

福島県南会津・湯ノ花温泉にある民宿に泊まった翌日に 標高1926mの田代山へ登ったのは2012年6月のことでした。 急遽 山登りをすることを決めた私たちに 宿の女将さんは快くおむすび弁当を用意してくださいました。 ここでは、「おにぎり」ではなくて「おむ…

ウィーン工房を知る

hapo-mina.hatenablog.com 上野リチ展を観て気になったのが、「ウィーン工房」という存在。 バウハウスとか、ウィーン工房とかデザインのことで 耳にすることがあります。 工房っていうからには、何か作っていたのですよね。 名前は聞いたことがあるもののそ…

2022年3月に読んだ本

・平成大家族 中島京子/著 ・なかなか暮れない夏の夕暮れ 江國香織/著 ・閑な老人 尾崎一雄/著 ・マンション管理員オロオロ日記 南野苑生/著 ・世界を旅するネコ クロネコノロの飛行機便 平松謙三/写真・文 ・伊都子の食卓 岡部伊都子/著 ・おむすびの…

世界を旅するネコ クロネコノロの飛行機便

世界を旅するネコ 平松謙三/写真・文 世界を旅する黒猫ノロ 飛行機に乗って37ヵ国へ (河出文庫) [ 平松 謙三 ]価格: 869 円楽天で詳細を見る 猫を連れて海外へ! 猫ちゃんは客席に搭乗できるんですって! おどろきの37か国海外旅行の様子に驚き~!でした…

2022年2月に読んだ本

・わんぱく天国 佐藤さとる/著 ・暮らしを手づくりする 山本教行/著 ・BUTTER 柚木麻子/著 ・あの人の宝物 大平一枝/著 こころほわほわしてくる生活の本をパラリと読んで、 暮らしのヒントをもらったりしていました。 小説は1冊だけの のんびり読…

楽在其中

楽しみは其の中に在り。 楽しみは外に求めるのではなく、 その中に答えがある。 あの人の宝物 /大平一枝 著 あの人の宝物 人生の起点となった大切なもの。16の物語 [ 大平 一枝 ]価格: 1760 円楽天で詳細を見る この本を読んでいて出会ったことばです。 16…

BUTTER

BUTTER 柚木麻子/著 を読みました。 【中古】 BUTTER / 柚木 麻子 / 新潮社 [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】価格: 328 円楽天で詳細を見る 初出は2015年~2016年 小説新潮に連載されていて 2017年に単行本化した小説です。 柚木さんは「ランチのア…

衆縁に生かされて

録画していた ETV こころの時代 アーカイブス「衆縁に生かされて」を見ました。 2008年に放送された番組で、 島根県出雲にある窯元「出西窯」の多々納弘光さんが 戦後まもなく始めた焼き物のこと、 教えを受けた河井寛次郎、バーナード・リーチ、濱田庄司と…

2022年1月に読んだ本

・70歳の日記 メイ・サートン/著 ・〈あの絵〉のまえで 原田マハ/著 ・今日のごちそう 橋本紡/著 ・せいめいのれきし バージニア・リー・バートン/文・え ***** 1月はカンタ刺繍と囲碁をはじめたので本を読む時間が減りました。 勢いにのって読み…

幸せの空気が流れている場所

先日、作家の原田マハさんが朝の情報番組でお勧め本の紹介を されているのを見ました。 本の紹介はもちろんのこと、光る言葉がいくつもあって 途中からだったのですが、それでもいいお話を聞けました。 「本は入り口であり、出口」 「美術館は幸せの空気が流…

読書はじめ

2022年最初に手にした本は 「70歳の日記」 メイ・サートン著 です。 1982年5月3日 月曜日 「70歳の誕生日。風もなくどこまでも穏やかな朝~」と書き始められた 詩人・小説家であるメイ・サートンの70歳の日記です。 鳥の鳴き声や波の音に耳を傾け、春の息…

2021年12月に読んだ本

・言志四録 抄録 佐藤一齋/著 ・リセット 北村薫/著 ・言わなければよかったのに日記 深沢七郎/著 ・生け雑草 小林南水子/著 ・ベランダはじめました。 平澤まりこ/著 ・図書室 岸政彦/著 ・これでいいのだ!瀬尾ごはん 台所まわりの哲学 瀬尾幸子/著…

「ぐりとぐら しあわせの本」展

もう可愛いたら ありゃしない~~~♡♡♡ 柚木沙弥郎さんと同時開催のぐりとぐら♬ 2022年4月10日までPLAY!MUSEUMで開催中です。 子供に混じって展示会場をぐるぐる~。 ワクワクしなくちゃね。 「ぐりとぐらのたまご」 ぐりとぐらのたまご [ 中川 李枝子 ]価…

民藝の本

柚木沙弥郎さんの展示を見にいって民藝のあれこれが 暮らしの中にあるのっていいなぁとつくづく思いました。 展示室にもあった繭玉の布の前で撮った姿が表紙の 別冊太陽の柚木沙弥郎特集号も手にいれてその余韻を楽しみます。 柚木沙弥郎 つくること、生きる…

天然生活の旧暦カレンダー

毎年わが家は旧暦カレンダーを使っています。 hapo-mina.hatenablog.com 可愛い絵や写真のカレンダーに浮気したくなるものの シンプルで日付が見やすく、 なんといっても新暦、旧暦が一度に見られることが一番のポイントです。 今年も付録目当てで天然生活 2…

2021年11月に読んだ本

・ヒナギクのお茶の場合/海に落とした名前 多和田葉子/著 ・「ちいさい隅」の四季 大佛次郎/著 ・猫の散歩道 保坂和志/著 ・三人屋 原田ひ香 ・閨と厨 寿木けい/著 ・さよならのあとで ヘンリー・スコット・ホランド/詩 高橋和枝/絵 ****** 11…

ヒナギクのお茶の場合/海に落とした名前

ヒナギクのお茶の場合/海に落とした名前 (講談社文芸文庫) [ 多和田 葉子 ]価格: 1980 円楽天で詳細を見る 何てすてきなタイトルだろうと読み始めた本なのです。 ごめんなさい。 展開についていけなくて、面白いとか、よかったとは言えません。 なのに、…

老後に備えない生き方

老化が気になるなんて書いていたワタシの隣で オットが読んでいたのは、 老後に備えない生き方 [ 岸見 一郎 ]価格: 1760 円楽天で詳細を見る 「老後に備えない生き方」 老後に備えない? 誰だって備えているではないか。 たちまち反論されるだろう。 ですね…

カンタ 母からの贈り物展へ

企画展示は今回で終了と聞き 岩立フォークテキスタルミュージアム へ行ってきました。 ベンガル地方の母たちが家族を思って作ったカンタが並びます。 使い古しの白木綿を4,5枚重ねて農作業や暮しの合間にコツコツと刺して 見事な図柄になって仕上がってい…

かぼちゃのチーズケーキ

ハロウィンだったのでかぼちゃ料理をあちらこちらでお見かけしました。 かぼちゃはワタシの好物のひとつですから ハロウィンでなくても食卓によくあがります。 まるのまま、ドカン! ではないですよ ^-^ かぼちゃは塩をパラリとお酒と水少々で蒸煮します。…

2021年10月に読んだ本

今日から11月ですね。 10月の読書のふりかえり。 そして、11月も穏やかに本を読むことができますように。 ・風の便り 小山清/著 ・アンソロジー捨てる 9つの「捨てる」物語 近藤史恵/ほか著 ・十歳までに読んだ本 益田ミリ/ほか著 ・しずく 西加奈子/著…

読書 ~ 一年中♬

今週のお題「読書の秋」 読書 してます! してます(^^♪ ブログにも何度も読書好きなこと書いています~。 hapo-mina.hatenablog.com hapo-mina.hatenablog.com 子供の頃に読んだ本のことも書いています。 hapo-mina.hatenablog.com なんだか同じことばかり書…

史実の人々

先日「総理の夫」の記事の中で書いた 原田マハさんの「リーチ先生」は 実在するイギリスの陶芸家バーナード・リーチを モデルした作品です。 hapo-mina.hatenablog.com それを書いて思い出したのが中島京子/著の 【中古】 イトウの恋 講談社文庫/中島京子…

本のある生活

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと」 10年で変わったことと言えば、通勤電車に乗らなくなったこと。 今年の三月に仕事をリタイアをしたのでもう満員電車にならなくてもいい。 hapo-mina.hatenablog.com 往復3時間半の時間…