老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

母のはんぺん

四月の終わりにHapoさん(母)と面会することができました。

 

3月10日に手術後のICUで会って以来です。

 

コロナ禍で面会禁止が続いているのですが、

個室なので特別にとのことでした。

 

看護師さんと一緒に病室に入ると「あら~」と言うもののその後が続きません。

 

看護師さんに「わかる?」と言われ

 

「nokoちゃん、ずいぶん急に来たのでびっくりしちゃった。

 病室に入ってきていいの? 会っていいの?」

 

「先生が、特別に会っていいって言ってくれたのよ」

 

「特別なの? ずいぶん急なのね。 嬉しいけどびっくりしちゃった」

 

「びっくりしちゃった」をなんども繰り返します。

 

何度目かで疲れてしまったのか、下を向いてしまいます。

 

食事は高カロリーのゼリーにしか手をつけていないそうです。

もう流動食ではなくて、全粥ときざみ食がでているのですが、

ほとんど食べないので栄養不足で体力が回復していません。

 

あんなに食べることが好きだったのに

食べる気力がわかないようです。

 

担当医からは何でも食べていいから

好きなものを差し入れていいと許可がでました。

 

母に「なんでも食べていいのよ。何食べたい?」と聞くと

 

「そうなの? 何を食べてもいいの?」

 

「そう、何がいい?」

 

「白はんぺんでしょ、青汁、水羊羹、チョコレート!」

とたんに声が弾みます。

 

「白はんぺんは生ものになっちゃうから、持ってこれないけど

 それ以外は明日、持ってくるね。」

 

「そうなの~。 今日は水羊羹食べられないの?」

とても残念がるHapoさんです。

 

面会を終え、その足で近くのスーパーで希望の食べ物を買い求め、

時刻は午後6時でしたが病院へ戻りました。

 

「今日食べたいっておっしゃってましたものね。

 夕飯にまだ間に合うので水羊羹を食べてもらいますね。」

と、担当の看護師さんが対応してくださいました。

 

その時はもうHapoさんに会えませんでしたが、

喜んでくれているといいなぁ。

 

「白はんぺん」は退院したら一緒にたべましょうね。

その時を楽しみに待っています。