老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

おれにんげんたち

おれにんげんたち デルスー・ウザラーはどこに 

岡本武司/著

 

hapo-mina.hatenablog.com

 

池内紀さんの「本は友だち」で紹介されていた本を読みました。

 

過去の記事にも書いていたデルスー・ウザラーのこと。

hapo-mina.hatenablog.com

 

著者の岡本武司氏はデルスー・ウザラーに魅力を感じ

ロシア語を学び定年後ウラジボストクへ渡り

先住民について調査し「デルスーはどこだ」という本書の原稿を残して

急逝し、わずか2年のロシア留学で定年後の生活の幕が閉じられた。

 

その生きざまがデルスーに重なるような気がしてならない。

 

黒澤明監督の映画では「デルス・ウザーラ

長谷川四郎氏・訳では「デルスウ・ウザーラ」と呼ばれているが

本書の中では現地に従い「デルスー・ウザラー」と表記されている。

”ナナイ人(=ゴリド人)のウザラー部族に属するデルスー”という意味を持つ。

 

そのデルスーがなぜに、そんなにも魅力的なのか。

映画の中で描かれた人物像にここまで引き寄せられるのか。

 

デルスーはひょっとすると居なかったのかもしれないという

疑問を出発点にして調査をはじめて、

結論は「やはりデルスーはいた。」

地元の人たちは、創作も加わっていることを承知のうえで

彼を愛して尊敬している。

そういう意味で彼は実在する。

 

映画でも描かれていたデルスーが街での生活で

2カ月ほどのあいだ一緒に暮らした探検家の息子が

後年デルスーと一緒に過ごした日々について書いたエッセイが紹介されていた。

 

それはこういう書きだしではじまっている。

 

「ほんの子供のころの記憶で生涯ずっと残るものがあるものです。

 思い出は忘れられてゆき、遠い昔のこととなりますが、

 今も生き生きとしているものがあります。

 これは、デルスーについての思い出のひとつです。」

 

デルスーに魅力を感じる人誰れしもにこの思いがあるのかもしれない。

 

私もまた デルスーは、今も心にのこる思い出になっています。