老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

お月見と一日一菓

21日の仲秋の名月は午後9時ごろに雲がはれて眺めることができました。

f:id:hapo_mina:20210922155006j:plain

二〇二一年の中秋の名月

SNSのタイムラインではお月様がずらりと並んでいましたね。

満月のときばかり話題になりますが、

お月様は欠けていても、雲を纏っていてもつい見上げてみたくなります。

f:id:hapo_mina:20210922155112j:plain

雲の中の満月

 

 

 

一日一菓

新潮社のウエブサイトで一年間、毎日連載したブログをまとめたもの。

 

茶会での菓子のいろいろと器の美しさが連なっています。

ちなみに本日9月23日は、

菓:月香(げっか) / 笹屋友宗(岡山)

器:唐物黒漆輪花盆 / 明時代

 

拍子木に切った黄色い琥珀羹。

月の香りってどんな香りがするんでしょう。

銘の良さを感じます。

 

お月見には丸いものと思いがちですが、

形ではなく香りで月を味わうというのは

先日書いた中国の桂花(金木犀)菓子を味わうのと

通じるものがあるのかもしれません。

 

お菓子も使われている菓器も素晴らしく。

眼福を味わえるのですが、できれば口福もしてみたい。

 

実際に同じものを食べたことがあるのは三六五菓のなかでわずかに六つだけ。

・霜ばしら /九重本舗玉澤(仙台)

・乃し梅 /佐藤屋(山形)

・若草 /彩雲堂(松江)

・月の雫 /松林軒豊嶋家(山梨)

・栗きんとん /すや(中津川)

・初霜 /不二屋(下諏訪)

 

花びら餅やみたらし団子、豆大福なども登場していて

その名のついた菓子は幾度となく口にしていますが、

同じ店の同じ菓子は食べたことがないものばかり。

 

多くは京都、金沢などの老舗和菓子店のものですが、

松江の不昧公好みの菓子がいくつか載せられていました。

津々浦々の和菓子巡りをするのも夢のひとつになりそうです。

 

私の誕生日のページには御前羊羹、オットは水ようかんでした。

二人とも餡子好きですからその偶然に喜びましたが、

私のほうが「御前」となっているのが、我が家の力関係のようです。😆