老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

本は友だち  池内紀/著

池内さんの読まれた本がずらりと紹介されている。

 

その中の

『おれ にんげんたち デルスー・ウザラーはどこに・岡本武司/著』では、

 

 

定年後は好きなことをしたい。

たいていの人がそう思っている。

しかし、生活のこと、健康、家族、その他もろもろが邪魔たてをする。

足をひっぱる。思うにまかせない。

 

たしかにそのとおりだが、もう一つ理由がある。

「好きなこと」の根拠が薄弱であって、ほんとうに何をしたいのか

当人にもはっきりしていないのだ。

 

定年後の好きなことは、定年前の生き方と強く関係している。

何十年にわたって感じ、考え、行動してきた。

  

「おれ いつも山すむ。火おこす。テント張る。ねる、、、」

 

自分の生き方と結びついているからこそ、「好きなこと」が

無限に遠くへ人をつれていく。

その道には、たえず発見があり、それが小さな里程標になって、

自分の生きた人生とかさなってくる。

 

読みながらうなずき、デルスーに立ち止まったワタシ。

hapo-mina.hatenablog.com

 

 記憶に刻まれているデルスーの本をまずは読んでみよう。

 

 

数ある中で、仲良くなってみたいと思った本たち。

・横山良一 「山頭火と四国遍路」

・塚谷佑一 「植物のこころ」

石川九楊 「書のスタイル 文のスタイル」

・九谷才一 「合本 挨拶はたいへんだ」

多田富雄 「残夢整理ー昭和の青春」

尾崎一雄 「単線の駅」

 

友だちの友達はみなともだちだ。

 

読みたい本リストに仲間入りです。