老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

丸パン焼きました

 

f:id:hapo_mina:20210201205736j:plain

丸パン

朝はパン食です。

 

明日のパンがない!と昨夜気づいてから慌てて焼きました。

 

 

普段はスーパーで食パンを買っていますが、

 

こんな風にたまーに必要にかられ、パンを焼きます。

 

材料は強力粉、ドライイースト、砂糖、塩、お湯のシンプルレシピ。

 

万年初心者でも手軽にできることと、

 

カロリーオフでシンプルな味も気にいってます。

 

 

 

 

初めて自分でパンを焼いたのは、中学生のとき。

 

生地の入ったボウルをバスタオルで包んだり、

 

お風呂場に置いたりして発酵の温度を保っていました。

 

 

そうやって家にあるものでパンの発酵ができると教えてくれたのは

 

雑誌の「生活の絵本」か、「私の部屋」かに書かれていた記事でした。

 

この雑誌からいろいろな知恵を授けてもらいました。

 

さっそく作った初回は、発酵不足で残念な焼き上がりでしたが、

 

回を重ねるごとに美味しくなっていくのが実験みたいで面白かったなぁ。

 

 

当時はガスレンジに上置き式の天火で焼いていました。

 

焼ムラのあるクセモノちゃんでした。

 

(てんぴ が分かる方は少ないのかもしれませんね。)

 

 

 

友達のお母さんがおやつにケーキを焼いてくれて

 

羨ましくてそのことを母に言ったら

 

さっそく「天火」を買ってきてくれて、

 

「自分で焼きなさい」って。

 

さすがだわね。

 

「何事も自分で」が家訓のようなものでしたから、

 

「天火」を自分で買いなさいと言われないだけ、よかったわ。

 

それからは兄たちとクッキー焼いたり、

 

クリスマスケーキを焼いたりしていました。

 

  

 

今ではオーブンの発酵機能を使ってパン作りもお手軽になりました。

 

そう思いつつ、あの天火も懐かしい。

 

 

 

 

 

f:id:hapo_mina:20210201205540j:plain

近所の麦畑

 

さて、

 

今日の散歩は、

 

麦畑コースにしましょうね。