老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

木犀の風浴びて美術館へ

女子美アートミュージアムへの道のりは

ずーっと金木犀の香りの中でした。

hapo-mina.hatenablog.com

 

薫風は初夏の季語ではありますが、

この日の空気は「木犀薫る風」でした。

 

家から美術館へは片道13Kmほどの道のりです。

遠いなぁ、ちゃんと自転車を最後まで漕いで往復できるかなと

出かける前は少し不安もありました。

 

けれど、金木犀が「こっちだよ」と

道案内をしてくれるように香り続けてくれたので

難なく往復することができました。

 

実際に道案内をしてくれたのはグーグルナビさんです。

 

車では走ったことのない裏道を案内するので

ドキドキわくわくでした。

 

なかよし小径と呼ばれる遊歩道は桜並木で

いろんな種類の桜が植えられていたので長い期間

お花見散歩が楽しめそうです。

 

この遊歩道は自転車走行は禁止なので、

自転車を曳いて通ったので所要時間はかかりましたが

その時間もまた楽しでした。

 

ところどころにベンチがあり、

ご近所のお年寄りが集まっておしゃべりをされています。

社交場にもなっている素敵な道でした。

 

蔦の絡まる建物や、

 

線路は無いのに踏切があったり、

 

気になるお店の看板を発見。

(あいにく この日は定休日でした)

 

広い通りに出たとたん 焼き菓子店が登場♪

おやつを購入しましたよ^-^

 

美術館の展示を楽しんだあとにすぐ前にある

相模原公園を散策し、

ここでも金木犀の香りに包まれました。

 

 

 

 

 


マリゴールドでハロウィン🎃 ♪

ハロウィンイベントもあるみたいです。

 

 

美術館の展示も公園散歩も往復の自転車も

ずーっとわくわくしていました。

 

往復26kmを漕げたことで少し自信がつきました。

アシスト自転車だからこそですが、

お出かけ先の幅が広がりそうで、

あれこれ考えるのも楽しいものです。

(安全運転でね)

 

次はどこへ行こうかな。