老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

ゆるっと手まり寿司 作ってみました。

クリコさんの本に書かれていた「手まり寿司」を作ってみました。

 

う~ん 惨敗。

 

まずお粥作る時点で失敗でした。

 

水分がまだ多かったようで葛粉を加えても手毬になるほどまとまらず、

 

お粥状態のまま。

 

手毬とはいいがたい。

 

なのでスプーンにひとくち分のせて

 

その上にタタキにしたマグロとホタテをそれぞれトッピング

 

まあまあな見た目にはなりました。

 

味は寿司! と 胸をはって言えないけれど、

 

なかなか美味しい。

 

食感がね、ゆる~り だから。

 

ずーっと流動食で「やんなっちゃった。」Hapoさん、喜んでくれるかな?

 

Hapoさん、嚥下は大丈夫だからやっぱりこのゆるっと感がもの足りないんだろうな。

 

退院するまでまだ日にちがあるのでもう少し研鑽しましょう。

 

クリコさんはHPで料理の紹介もしています。

curiko-kaigo-gohan.com

 

 

Hapoさん退院後のしばしの自宅暮らしで、

 

美味しい食事ができるように、

 

他のレシピも参考にしてレパートリーを増やせるといいな。