老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

晩秋の甘草屋敷

筋状の雲が上空を覆っていて、今日は日本全国寒さに包まれそうですね。

 

一週間前はとても暖かくて(暑いほど)青空が広がっていました。

その11月最後の日曜日にドライブ旅を楽しんできました。

 

中央高速道路・勝沼インターを降りたら

南アルプスとぶどう畑の展望♪

 

左から聖岳赤石岳、小赤石岳悪沢岳。(だと思います、、、)

この右手にはに北岳甲斐駒ヶ岳が望めます。

 

高速を出てフルーツラインを走ったら いきなりのこの眺望に感激!

この景色を見られただけで満足~といいながらも次の目的地に向かいました。

 

 

 

塩山駅北口 目の前のある甘草屋敷・旧高野家住宅です。

 

干柿のれんの向こうに見えるのは塩山駅です。

 

 

いたるところに干してある柿~。

 

今年は11月いっぱいは軒下に柿を干しているそうなのでなんとか間に合いました。天候等で干している期間は年によって異なるそうです。

 

ここだけぽっかりと時間が止まったよう。

風が吹くとゆらゆらと干柿のカーテンが揺れる様子を座敷に座って眺めました。

 

2階の民具展示にあった大量の食器、漆器からもこの家の大きさを感じました。

慶弔やお祭りの時には座敷に大勢の人たちが集まったのでしょうね。

 

 

 

座敷でのんびりしたのに、隣接の売店でもまったり。

1杯100円の「甘草茶」を頼むと茶菓子に黍団子が添えられていてこれが美味しくてお土産にお買い上げ~。 山梨できびだんご?と思ったのですがおいしいならいいですよね。甘草茶ももちろん美味しかったです。

 

 

 

ここの軒下に干されている柿が1連(2個)400円で販売していました。

まだ干しあがっていないのですぐには食べられませんが、今年は干し柿を作っていなかったのでプチ干柿体験をしたくて1連だけ買うことにしました。

 

この柿は1個がとても大きくて「百目柿」というそうです。

去年作った自然林の柿の5~6倍の大きさです。

hapo-mina.hatenablog.com

 

甘草屋敷の敷地内には子ども図書館もありました。

そこがとっても素敵な場所だったので、別記事で書きますね♪

 

忘れずに年内に書けるといいのですけれど。

 

www.city.koshu.yamanashi.jp