老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

6月はいろいろあるね

母の外来と面会(4回目のランチ)を終えた5月最後の週末を過ごし

ホっとしたのもつかの間、

オットの白内障がわかり、さっそく手術の運びとなりそうです。

 

5月に目の調子が悪いと近所の眼科で診察したもののそこでは手術ができず、

紹介先の総合病院はコロナの影響で手術を見合わせていて手術日のめどがたちません。

それで、個人病院でも白内障手術ができる医院をネットで検索すると

近隣では白内障手術実績No.1の某大学病院の先生が独立開業した

眼科が見つかりました。

 

さっそく予約して昨日、診察に行くと先の眼科では左目だけと言われていたのに

両目とも発症していて、手術日もサクっと決まりました。

日帰り手術なので1週間空けての手術ながら事前の検査や手術の説明で

6月は毎週、眼科への通院になりそうです。

 

検査や手術のあとは車の運転ができないので私が運転手役で同伴です。

 

 

普段の車の運転はオットに頼っていたので、久しぶりの市街地での運転で

ドキドキしましたが、なんとか帰ってこられました。

 

アクセルとブレーキの踏み間違えをしないように気をつけないと、、、。

 

無事、両目の手術が終わったら、

まぶしすぎる夏の日にびっくりするかもしれません。

 

けれど、眩しい夏の日を思いっきり楽しむ旅にも出かけたいなぁ~。