老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

母の現状の共有

12月に母の近況を伝えてから、三兄とはご無沙汰しています。

 

介護認定の変更や、圧迫骨折のことなど

 

伝えるべきことはあるのだけれど、

 

 

 

年が明けても何も聞いてこないのは

 

「便りが無いのは元気な証拠」と思っているんだろうなぁ。

 

 

もし姉妹だったなら、

 

あれやこれやおしゃべりして

 

母のことを 

 

もっと気楽に話していたかもしれないなぁ。

 

またまた 

 

せんないことを考えています。

 

 

母の変化は

 

私の心を揺らすのですよね。

 

 

「何言ってるんじゃぁ~! 今日はHapoさんに会って 要介護1祝いをするぞー!」

 

 

オットのエールが心の支えです。