老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

Hapoさん(母)が孫とやりたかったこと

先日の通院で、車に乗っていた時のこと。

 

道路を走るバイクを見て

 

「孫をサイドカーに乗せてツーリングするのが夢だったのにねぇ。

 できなかったわね~。サイドカーになんて、そんなこと言う

 おばあちゃんなんてなかなか居ないわよねぇ。

 むかしから、人とおなじことは面白いと思わなかったのよね。」

 

「あら、お孫ちゃんは無理だったけど、バイクの後ろに娘を

 乗せてくれたじゃない。一緒にバイクツーリングに行って楽しかったわよ。」

 

「そうねぇ、夏にはnokoを後ろに乗せて高原の方へツーリングして

 ユースホステルに泊まって姉妹ですか?って聞かれたこともあったわよねぇ。

 若かったわね、私も。」

 

ええ、ええ、ありましたよ。丸顔ぽっちゃりの母は若く見られることがあって

私は老け顔だから、母娘ではなくて、姉妹って言われることがありました。

背が私のほうが高いからか、私が姉って思われていたりしてました。

複雑な気持ちでしたけど、親が若く見られるっていうのは悪くないかなとも

思っていましたよ。

 

↓の記事にもバイク旅行のことを書いています。

hapo-mina.hatenablog.com

 

 

 

そんなことを言うHapoさん(母)ですが、孫とべったり過ごすのは苦手で

せっかく会いにきても数時間で「そろそろ、帰りなさ~い。」って言う人です。

孫に会えてうれしいんだけど、疲れてしまうんですよね。

最後は、孫より自分の体が大事!で、帰ったら昼寝してました。

「孫は来て良し、帰って良し」ですものね。

ひ孫に対しても変わらずの対応なので、性格は変わりませんねぇ~。

 

そんな感じだから、お孫ちゃんもそんな寄ってこないし、

サイドカーに乗せてツーリングっていうのは、

実現は難しかったかもしれないわね、とは本人には言わず、

帰宅後のオットとの会話、、、。

 

「孫の服を縫ってあげるのも夢だったのに、白内障で縫うのが辛くなっちゃたし、

 夢かなわずだったわね~。」

 

あらあら、Hapoさん「もう自分のことで精いっぱいなのよー!!!」と、

いつもはキレちゃうのに、この日は回想するゆとりがあったようですね。

 

外の景色を見て気分がよかったのかしら。

 

 

やさしいおばあちゃんで、おかあさん だってことは

ちゃんとわかっているから大丈夫よ。