老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

竹箒の音~。

住んでいるマンションの敷地には樹木が沢山あってさながら公園のよう。

そのため植栽の管理維持もなかなか大変です。

日常清掃は管理会社に委託しているクリーンスタッフの方が

毎日枯葉や雑草抜きをして下さいます。

 

その竹箒の音が初冬の風物詩。

枯葉が多くなるこの時季は掃く量がすごい。

サーサー、ザーザー、ザザザー。

擬音にするのは難しいなぁ。

 

作業してくださる方は大変だと思うのですが、

部屋でその音を聞くとそのリズムに癒されます。

 

 

そして、月に一度は住民による清掃活動もあります。

この時間のおかげで、どこに誰が住んでいるか知らない、

ということのないマンションです。

一人暮らしのお年寄りとも近況をおしゃべり。

さりげない安否確認にも役立っています。

 

緑豊かな敷地のおかげで、四季の景色も楽しめます。

 

おかげさま、おかげさま。

 

身近な人々に、感謝。

 

今週のテーマのおかげで、

 

小さな気づきを

 

たくさん得ることができました。

 

ありがとうございました。

 

 

今週のお題「感謝したいこと」