老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

シルバーウィークって毎年ないの? 

シルバーウィークが終わりましたね。

秋の連休をシルバーウィークと呼び出したのはいつからなのかな?

 

調べてみると祝日法の改正により2009年に初登場したようですね。

5月のゴールデンウィークの対として使われています。

何日続けば大型連休って言うのかしら?

小さい子供みたいに気になってるー。

今年は土曜日を入れて4連休だから4日以上ならそう呼ぶのかな?

 

そして来年は?

 

あら、残念 飛び石ですね。

 

その次の年は? これまた残念。

 

次回のシルバーウィークは2026年のようですね。

 

もとになる祭日が2日(敬老の日秋分の日)しかないのだから4連休以上になるのは毎年というわけにはいきませんよね。

 

6年後は、毎日が日曜日で混む休日を外して遊びに行ってそうです。

 

今年のシルバーウィークは、Go to キャンペーンがあったので戸隠の方へ旅行へ行こうかと心が揺れましたが、出歩くことでコロナ陽性者になる可能性もあると思うと出かけられる状況ではないなと判断しました。

 

Hapoさんの病院へ行ったり、施設への引越しが控えている今は、何事も控えめに。

 

コロナがというよりもHapoさんの今後が分からない今は、なにかしら心がざわついて遠出をしても心底楽しめないな、という気分です。

 

楽しめないのは、Hapoさんのせいではありません。

 

自分の心の弱さかな。

 

けれど、遠出をしなくてもリラックスして楽しむことはしています。

 

それはいつも言っている読書だったり、散歩だったり。

 

最近読んだ本の中に「身近な好きをみつけよう」と書かれていました。

人はなぜか、嫌なことをつらつらを考えてしまうけれどそれよりも

好きを並べたほうが、ずっと良い。

 

好きは、幸せのはじまり。

 

 

桂の木の焼き菓子のような甘い香りをかぎながら、

 

そんなことを考えるのも、

 

好き。