老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

介護の息抜き (読書)

介護に直面する前のこの「ざわざわ感」を落ち着かせたくて本を読みます。

 

いろいろなジャンルの本を読むのが好きですが、

今はやはり気になるテーマの本を選びがち。

 

岸本葉子さんの「週末、介護」は、私の状況とは違うけれど

共感するシーンがいくつもありました。

その中でも、岸本さんがお父様と散歩に行くとき

ねじるように手を握られるのですごく痛かったという話し。

あ~同じ人がいると思いました。

なんといっても我が家は「老母の握力」ですから。

 

 

山口恵以子さんの

「おばちゃん介護道 独身・還暦作家、91歳母を看る」は、

そんなにも母親のことを愛せるのかと、思った作品。

私とは違うと思いながらもやはりこの親子に慰められました。

 

そしてこれから読んでみたいのは、こちら。↓

喜怒哀楽を重ねるお話を

こころして読んでみたいと思います。

 

 

未知の世界へ進むのが怖い気持ちが本のおかげでやわらぎます。

本を読むことで共感し、一人じゃあないんだと思えます。

 

介護のことばかりではなく、

益田ミリさんの「週末、森で」を読んでほのぼのします。

 

同じ週末なのに、「介護」と「森」では大違い。

 

けれど、それぞれ大事な週末です。