老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

夢の暮らし

仕事を辞めたらこんな風に過ごしたいなと考えていた

夢の暮らしがあります。

 

1.毎日散歩

2.月に数冊の読書

3.ときどき縫ったり、編んだり

4.手書きの便りを書く

5.ひとりでアソブ

6.オットと遊ぶ

7.友達ともあそぶ

8.4泊以上の旅をする

9.心を動かして日常を旅する

10.まだ何歳、もう何歳といわず今を楽しむ

 

雨の日や暑い日寒い日に、散歩はできていない。

友達とも久しく会えていない。

日帰りドライブばかりで長旅もこの3年はしていない。

 

それでも夢の暮らしの大半をほぼ実現しているのかも。

 

小学生、中学生のときは図書委員をやったおかげか

読書好き。

 

初めての一人旅は小学4年生のとき

高校生になったらユースホステルに泊まって一人旅を満喫。

車の免許を取ったら職場の友達とドライブ旅行へ。

 

年齢のことは気になることがいっぱいだけれど、

30歳のときの健康と、

60歳の健康は質が違うと気づいた。

 

 

なんだ、今までの積み重ねが

夢の暮らし そのものなんだ。

 

 

日常と、たまに非日常を味わう。

 

それで十分幸せな暮らしなのです。