老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

カンタあれこれ

f:id:hapo_mina:20211112164449j:plain


手元に届いた「カンタ刺繡」の本を飽きずに眺めています。

 

針目を数えることなくチクチクと刺し進み、

少しずらしたりしながら図柄が出来上がるカンタ刺繍ですが、

ラリーキルトと呼ばれる運針(刺し子)で縫い合わせたものも

カンタ刺繍のひとつです。

 

 

f:id:hapo_mina:20211112164512j:plain

シルクのサリーを縫い合わせたラリーキルトのストール。

これからの季節にアクセントカラーになって重宝しています。

巻き方で表情がガラリと変わるのが面白い一枚です。

 

 

望月先生のお話会を聞きに行って作ったカンタ刺繍。

f:id:hapo_mina:20211112164629j:plain

f:id:hapo_mina:20211112164658j:plain

カンタ刺繍には決まりはないのでどこで初めて、どこで終わってもOK!

それが大きな魅力です。

とりあえず終わらせた2枚もまた縫い足すことがあるかもしれません。

 

望月先生に「やってみなはれ」といわれて 

やってみて、うまいヘタより、

ただただ作ること、手を動かすことが楽しい時間を味わいました。

hapo-mina.hatenablog.com

 

カンタと呼ばれなくてもチクチク運針で作ったものは

今までにもありました。

 

f:id:hapo_mina:20211112164544j:plain

 

ティーマットやコースターなど小さなものばかりですが、

針を持つ時間を楽しませてくれたものたちです。