老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

手提げ袋が出来上がりました

チクチク縫った刺繍布を手提げ袋に仕上げました。

 

f:id:hapo_mina:20201020121308j:plain

輪っか刺繍の手提げ袋

結局、刺繍は2周しておしまいにしました。

 

丸を12個X2周で、なんとなく時計みたいに見えます。

 

刺繍しているときは、和みの時間がゆっくりと過ぎていきました。

 

 

袋は裏地付きなので中表にして縫えば、

縫い代の始末はしなくていいのですが、

マチをとるのを簡単にする縫い方にして、

表裏の布地を一緒に縫い、

すべて袋縫いで仕上げました。

 

 

中学のころ、Hapoさんに「袋縫い」を教えてもらったときの驚きを思い出します。

最初に表側から縫うことに、まずびっくり。

裏返してもう一度縫うことに、またびっくり。

縫い代がきれいに隠れましたよ。

なんだか手品をみているようでした。

 

これならほつれたり、洗濯して糸くずがでることもなさそうです。

 

親ってすごいなー、大人っていろんなことを知っているんだなーと

素直に感激した、あの頃が懐かしい。

 

「亀の甲より年の劫ね。」とすかさず言うHapoさん。

 

ほほー、こういう時に使うことわざなのね。

 

 

 

今の私に年の功が備わっているのかな~。

 

備わってしまったのは、脂肪と皺、シミくらいでしょうか。