老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

縫いはじめ

今年の手仕事はじめはカンタ刺繡です。

 

望月真理さんのカンタ刺繍の本を見てデザインをいろいろ考えて

初心者向けの丸い柄を合わせたものを刺繍することにしました。

f:id:hapo_mina:20220109205823j:plain



洗いざらしの麻地のシーツをタペストリーサイズに切って

f:id:hapo_mina:20220109205545j:plain

布地を縦目、バイアス、横目に3枚重ねて中心からしつけ糸で3枚を縫いとめます。

ここまでで、1日目。

 

 

おおよその配置の円の下書きをします。

f:id:hapo_mina:20220109205650j:plain

ここで2日目。

 

 

カンタ刺繍の基本はモチーフを外側から内側へ刺していきます。

いくつも円を刺すので、その中でも真ん中に配置した円の

外側から刺し始めました。

f:id:hapo_mina:20220109205729j:plain

3日目でようやく刺繍をはじめました。

 

目数を数えなくてもいいので、どこから始めても終わってもいいのが

カンタ刺繡のいいところです。

 

家事の合間にやるのにうってつけ。

 

↓去年から巻いていた青い糸の出番がようやくやってきました。

hapo-mina.hatenablog.com

 

 

毎日1周だけでも刺せればいいなと思っていますが、

飽きっぽいので、他のこともやりながらになりそうです。

 

気長にぼちぼちと楽しみます(^^♪