老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

夕食後に歌を歌う♪

夕食後、見たいテレビもなくてつまんない~と思うと

 

どちらからともなく歌を口ずさんでいます。

 

 

最初に歌ったのは、

「菜の花畠に~入り日薄れ~」ではじまる歌。

 

「ところで、この歌のタイトルは? 誰が作詞したのかな?」

 

さっそく検索すると、

「朧月夜」作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一 です。

このお二人は、「故郷」、「春が来た」、「春の小川」、「紅葉」

なども作った名コンビです。

 

作った方のお名前はすぐに忘れてしまうけれど

歌詞は全部覚えていて歌えます。

 

どれも歌いやすくて、情景がうかぶ詩です。

 

季節外れの春の歌ですが、

歌っていると心和むからいいですよね。

 

じゃあ、夏の歌も歌う? と歌いだしたのが

「夏は来ぬ」 真夏の歌ではないけれど

これもホトトギスが鳴き、卯の花が薫るというフレーズで

すっかり林の中にたたずんでいる気持ちになります。

 

家の近所でもホトトギスが鳴きはじめると

いつもより早起きになって

夏を知らせてくれる声に嬉しさがこみあげてくるのが

毎年の恒例になっています。

 

その夏もそろそろ気配が薄らいで

虫の音が聞こえてきています。

 

「ちいさい秋み~つけた♪」を最後に唄っておしまい。

 

 

食後に歌を歌うと庄野潤三先生の小説の中に

住んでいるような気持ちにもなります。

生田の山の上のお宅のご近所に住んで、

「せんせー、今夜は一緒に唄いましょう」と

縁側から声を掛けている気分です。

 

 

二人で歌えるのは唱歌昭和歌謡くらいだね~と笑いながら

お次は「七色の虹が~♪」と歌いだすオット。

 

最近の歌は知らないけれど、昭和の歌ならまかせて~。

 

ほんの10分ほどですが、

こういうさもない時間が我が家の憩いになっています。