老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

ばっけオイル漬け

フキノトウがまた手に入ったので今度はオイル漬けにしました。

f:id:hapo_mina:20210311151119j:plain

フキノトウのオイル漬け

ふきのとうをさっと湯がいて水けをきってから

オリーブオイルと塩を加えただけです。

味がなじんだら パスタにあえて食べてみたいと思っています。

 

f:id:hapo_mina:20210311151644j:plain

蕗を水にさらす

一緒にもらった数本の短い茎の部分も無駄にせず

おあげと一緒に炊きました。

 

水にさらしてスジをとっていたら

去年はHapoさん(母)と一緒にスジとりしたなぁと思い出しました。

 

その頃すでに活力がなく、何もしないで寝てばかりでしたが

「スジとり手伝って」と言ったら、はじめは嫌がったものの

「しょうがないなぁ~」と一緒にとってくれました。

なにか、歌を歌いながら手を動かしていたのだけれど

あのときなんの歌を歌っていたのかなぁ。

 

「二人でやれば早いね~」と言ってくれたのは母でした。

 

珍しく手を動かしてごきげんになった母。

 

一緒に作った「ふきの煮物」を

 

「おいしい、おいしい」と食べたのは去年の春のことでした。

 

ふきのとうのことを津軽地方では「ばっけ」と言うらしいよ 

 

と母に話すと

 

「婆さんの仕事だから ”婆っけ” 」と言って笑わせてくれました。

 

母がちょっと元気に化けてくれたから

 

このときは ”化っけ” だったかもしれないですね。