老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

昭和の歌を聴く

「今日は一日昭和の歌三昧」というラジオ番組を4月29日に聴いていました。

 

何かをしながら、食事をしながら~で、聴いていたので

どんな曲が流れていたのかは

あまり記憶にはないのですが、

言葉が聞き取れるのが耳心地がよくて一日聴いていました。

 

言葉が分かる、詩に意味がある、というのはとても大事です。

 

いまどきの歌手の名前も歌もほとんどわからないのですが、

その日のラジオから流れた曲の大半を口ずさむことができました。

 

だって、昭和生まれの昭和の人ですものね♪

 

♪二人の世界があるから

だから強く生きるんだ♪

 

なんて、恥ずかしい歌詞が

耳に残って今日も歌っています。

 

 

「林檎の木の下で」

「街の灯り」

「黄昏のビギン」

 

スローでバラードな歌は、今も心に響きます。