老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

ソーシャルディスタンスで面会~。

日曜日にHapoさんに会ってきました。

 

検温してからソーシャルディスタンスで面会しました。

 

Hapoさんとの距離は約2m。

 

「ちっとも声が聞こえなーい!

 コロナだかなんだか知らないけれど、めんどくさいねぇ。」

 

とHapoさん、イライラ。

 

 

病院への付き添いのときは、

すぐ隣に座ってHapoさんに話しかけているワタシですから

この距離、意味あるのかな?と思ってしまうけれど

施設の中では、ソーシャル、ソーシャルディスタンスーです。

 

 

2mのところをちょっとあゆみ寄り

 

横からマスク越しで大きな声で話しかけるとなんとか会話成立。

 

持参のプリンを一気に食べて「おいしかった~。」

 

ちょうどおやつの時間でしたからね。

 

「もう、ここは最高。なんでもやってもらえるし、

 お風呂だっていれてくれるし

 幸せ~ いっぱい夢いっぱいさのヨイヨイ♪」

 

「このあいだはデイサービスのゲームのときに100点とったのよ~」

 

引越してきたときよりは、ずいぶん活動的になった様子。

 

そうかと思うと、

 

「このバッグ持って帰って。

 バッグ持って出かけることなんてもう出来ないからいらない。」

 

「ここから出ることなんてないんだから。」

 

消極的な一面ものぞかせる。

 

ホームでの生活は快適ではあるけれど、

ままならないこともある、と伝えたいのかな。

 

「今度は歩行器で外を散歩するのもいいわね。」と言ってみたり。

 

暖かくなったらお散歩しましょうね。

 

それまで体操して足元鍛えてくださいね~。

 

30分ほどして、

 

「きりがないから、部屋へ帰る。」と自分から言うHapoさん。

 

こういうドライなところがHapoさんらしい。

 

「またね~。」と声をかけあい

 

さようなら~。

 

「来月 またくるね~。」

 

「来月はもう12月だね~。1年あっという間だね~。」

 

ほんとうに。

 

あと一ヶ月で今年が終わるなんて。

 

この1年、Hapoさんの2度の入退院と老人ホームへの転居。

 

そしてコロナ。

 

1年前には思いもしなかったことばかり。

 

人生はそんなことの積み重ね。

 

それでも

 

「幸せ~」というHapoさんがいてくれて

 

私も

 

「しあわせ~」なのです。

 

 

老人ホームに転居して2カ月が過ぎ、

「今が幸せ」という母の生活を支えてくれている

施設のスタッフの皆さんに感謝、感謝でございます。

 

今週のお題「感謝したいこと」