老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

行ったり来たり

先週はHapoさんのマンションへ

週の半ばに一回、電車で往復して、

週末に車でもう一回 行ってきました。

 

続けて泊まってしまえばいいものの、

合間に自宅でも用事があったので一度帰って

週末はオットの手を借りて車で荷物運びです。

 

 

Hapoさんがこの部屋で暮らすことはもうないので

売却することにしました。

 

老人ホームへ転居するときにも売却を考えていたのですが、

月イチランチを楽しみたくてそのままにしていました。

 

もともとワタシが所有していた部屋だったので

手続きは私の一存でできます。

 

けれど、

Hapoさんの部屋が無くなってしまうという事実は

とてつもなく寂しい。

 

まだ売れたわけではないから行くことは可能ですが、

Hapoさんに会うために行っていた場所へ

会えないのに行くというのも寂しい。

 

ワタシって、

どれだけさびしんぼう なのでしょう。

 

 

といっても無職のワタシが維持管理していくのには

経済的に厳しいものがあります。

 

セカンドハウスとして持ち続ける余力はありません。

 

感情に流されず、ここは潔くサヨナラしましょう。

 

 

この部屋での思い出は

心にちゃんと残っているから大丈夫。