老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

内視鏡検査 みたび。

Hapoさん 三度目の内視鏡検査が終わりました。

 

 

 

その日の検査は午前10時30分の予約だったのに呼ばれたのは、

11時20分。

事前に血液検査があるのですでに1時間半以上待ってやっと順番になった。

検査室に入ると検査の先生が、大きな声で

「この患者は一番最後にしてと言ったでしょ。なんで呼ぶの。」

と看護師にむかってお怒りのご様子。

「はい、だからこの方が最後です。」ですってー。

 

というか、予約時間過ぎてますよね。

もう充分に待ちましたよ。

Hapoさん 検査する前から待ちくたびれてぐったりです。

どうりで、後から来た人がどんどん先に呼ばれたわけだわ。

なら、年寄りの予約時間は11時過ぎって決めてくれたらいいのに。

 

そして検査は三度目の正直、とはならず快復はあまりみられず管は細いまま。

検査技師の先生は診断はしないので

 

「これからのことは担当医を話して。ま、流動食のままだね」

 

と言われたのは検査終了後、Hapoさんが診察台から車いすに移乗するとき。

その言葉がHapoさんに聞こえたかどうかはわからないけれど

検査の気持ち悪さからか下を向いたまま。

 

もう、なんて先生なの!

 

心無い言葉を言ってますよ。先生。

事実かもしれないけれど、もう少し言い方があるでしょう。

 

その後、会計でも後からの人がどんどん呼ばれる。

 

我慢強いHapoさんもさすがに、

「遅いね~。」

 

会計窓口へ行くと、

「検査科からデータが来ないのでまだ会計ができないんです。

 もうしばらくお待ちくださいね。」

 

むむー。

 

むむむーーーー。

 

病院ではこんなこと日常茶飯事でしょう。

 

Hapoさんは、早く横になりたい様子。

 

「ごめんね、Hapoさんもう少し待ってね」というと

 

「お前が謝ることじゃない。」

 

うっーーー。

 

できた親ですなー。

 

 

結局、病院に来て3時間後にすべてを終わることができました。

駐車料金の割引は3時間までなので,

ぎりぎりセーフ。

(何が~~~~! )

 

 

さて、本題のこれからのこと。

 

帰りの車の中でHapoさんに現状を話し、

次回病院へ行ったときに担当医と

どのようなことを話すか気持ちを確かめてみた。

 

普通食を食べると食べ物を吐く恐れがあり

それにより誤嚥性肺炎を起こす可能性があること。

リスクがあっても固形物を食べたいか、

流動食を食べ続けるか。

 

Hapoさん しばらく考えて

「そりゃあ、安全性を優先するわね。」と。

流動食、やむなし。

 

老人ホームに戻り、遅めの昼食を食べるHapoさんに付き添うことができた。

まるで園児の食卓のようにプラスチックのカップ

どろりとした液体が5つ。

 

スプーンでそれぞれの液体をぐるぐるまわし。

順に口にいれていく。

 

「口から食べられるだけでも、幸せよ~。」

 

プレーンヨーグルトを口にすると、

「あ~おいしい。これ大好き。」

 

ぬるめのお茶がいいのと施設の人にリクエストして飲むと

しかめっつらをしたので、施設の人が

「熱かった?」と覗き込む。

 

顔をくしゃくしゃにして指でOKマークをつくり

「ばっちり~。」

おちゃらける。

 

周りにいた人たちが大笑い。

 

Hapoさんが明るいのは、

自分の弱さや辛さを隠すため。

 

Hapoさんの無念さを思って涙をこらえる。

 

コロナ禍で家族の部屋への入室は禁止されているものの

この日は特別に私だけ部屋で一緒に過ごすことができた。

 

一緒に居た夫は車で待っている。

 

「夫君は来ないの? 

  部屋の中、見てもらいたいのに。」

引越しを手伝ってくれた夫君への気遣い。

 

入室人数は最小限にと言われているので来れないんだよというと

「じゃあ写真撮って見せてあげて。」とピースサインをする。

 

Hapoさんが明るいのは嬉しいのに、

なんで切なくなるんでしょうね。

 

 

「なるようになるから大丈夫よ。」と

Hapoさんに言われて、ホームを後にしましたとさ。