老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

お断りの電話、、、。

Hapoさんが、住宅型有料老人ホームに転居して1週間が経ちました。

 

コロナで会えないけど、どうしているかな?

 

 

住むところに落ち着きましたが、これで介護がおしまいということではありません。

 

諸手続きもまだ残っています。

 

そのひとつ、申し込みをしていた「介護老人保健施設」の

キャンセルをしなければいけません。

hapo-mina.hatenablog.com

↑の記事で書いた老健へのお断りです。

断るというのは、どんな時でも気が重いもの。

 

そんなことを考えていたら私の心を覗くかのように

その施設の担当の方から電話がありました。

 

「4人部屋ですが、そろそろ空きそうですが、どうなさいますか?

  住宅型老人ホームへの入居も考えておられるとも伺っていますが。」

 

伺ってらっしゃるのね。 病院との情報共有が素晴らしいわ。

 

けど、「考えている」ではなくて、もう引越しちゃったもんねぇ~。

とは、言えず。

 

「せっかくのご案内ですが、住宅型の方へ入居しようかと思いますので

  そちらの申し込みはキャンセルさせてください。」と伝えました。

 

すると、

「はい、は~い。承知しました。」と軽く終了。

 

このパターン、先方はきっと慣れていらっしゃるのでしょうね。

 

こちらに負担が残らないように、明るく電話を終えて下さってよかったです。

 

これでひとつケリがつきました。

 

ホッ。

 

次は、何をすればいいのかな?

 

慌てずにボチボチ進みましょう。