老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

鬼に笑ってもらいます

来年のことを書き留めておきます。

www.neribun.or.jp

「生誕100年 作家・庄野潤三展 日常という特別」

2022年1月15日(土曜)から3月13日(日)ふるさと文化館(企画展示室)

 

展示タイトルがいいですよね。

「日常という特別」 

特別なことがないことが日常なのに、

そう過ごせること、過ごすこと、過ごしてきたことが

「特別」なんでしょうか。

日常を大事に過ごされていた庄野先生の

「日常」を拝見しにゆきたいと思います。

f:id:hapo_mina:20211227142619j:plain

 

ああ、来年が楽しみ♬

 

f:id:hapo_mina:20211227142642j:plain

「山の上の家」でお会いした夏子さんのお話し会もあるようです。

 

どうかお出かけできる日常でありますように。