老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

自宅に帰ってきました

通行止めが解除されて自宅に帰ってきました。

 

途中、いつもの道の数か所に土砂崩れの跡があり

ひやひやしながらそこを通りました。

 

無事に帰宅することができたのも

雨の中、復旧工事をして下さった方々のおかげです。

 

日常はいつも誰かに支えられていると感じます。

 

 

 

母の歩行の手助けしようと手を貸すと

「nokoちゃんじゃあダメよ。支えられないわよ」と言われます。

 

母さえも支えられないワタシのようですが、

トイレに行くのに手を貸すのも、

車の乗り降りを介助するのも

いつもワタシなんですけれど、、、。

 

 

そんな母の言葉が、

介助の仕方を学ぶきっかけになるので

母娘で支えあっているのかな、とも思います。

 

 

日常はそういうことの積み重ねですね。

 

 

雨の積み重ねはもういりません。

大雨の被害がこれ以上増えませんように。

被害に遭われた方々が安心して過ごせる日々に

少しでも早く戻りますように。