老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

母のお直し

母に春用の羽織ものを持っていこうとクローゼットを探してみつけた上着です。

 

春の雰囲気のレモンイエローがいい感じ。

f:id:hapo_mina:20210305204504j:plain

春色の上着

ファスナー開きだけど、大丈夫。

 

母はファスナーのスライダーを自分ではめられます。

 

できることだってまだまだある母に接するとほっとします。

 

上着をよくみると袖下と袖口を直してあります。

 

おそらく袖幅が広くて狭めたのだと思います。

 

母も洋裁好きですから、お直しくらいお手の物。

 

とは言えこのお直しを縫ったのは80歳を過ぎていたはずです。

 

針に糸を通すのもおぼつかなくなってきていて

 

その縫い目をみると粗くて上出来とは言い難いのですが、

 

本人は縫うことが楽しかったのだろうと思います。

 

かつて母の家に行ったときは、

 

布団干しやシーツの洗濯など母ができなくなってきた家事を

 

代わりにやっていましたが、

 

針仕事だけは、「ぼちぼちやるから大丈夫」と自分で縫っていました。

 

針に糸を通しておいて いつでも縫えるようにしておきました。

 

「糸を通した針は何本ね、失くすと怖いからね。

   片付けるときは針の数をかぞえるのよ。」

 

という用心ぶりでした。

 

いくつになっても針箱がそばにある母だったのに

 

今の住まいには針箱を持参しませんでした。

 

針を持たなくなってしまった母を見るのはさみしいことだけれど

 

春色の服を着て一緒にお散歩できることを楽しみにしています。

 

自分から「次はお散歩に行きたい」と言ってくれた母ですから。