老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

NHK 趣味どき! 新シリーズ

10/6 火曜日から始まった NHK Eテレ 趣味どきっ!の新シリーズは、

 

こんな一冊に出会いたい 本の道しるべ

 

第1回目の講師は、平松洋子さん。

 

もう、大好きなんです。

洋子さん(名前で呼んでしまうほど、好きー)のエッセイが。

他の番組で日本で一番、

食のエッセイのうまい人って紹介されてたこともありました。

 

うん。 そう思います。

クスっと笑ったり、ほろりと涙したり、ゴクリと唾をのんだり。

 

おいしい、たのしい、ほろ苦いがリズムよく書かれているのが心地よいのです。

七五調の文体は、そのまま俳句になりそうなくらい

ぎゅっとエッセンスが詰まっています。

 

 

そんな文章を書く方が、第一回目ですよ。

素晴らしいキャスティングですね。

番組でお話されていた本への想いにも共感します。

 

ソファにあぐらをかいて、クッションを膝におき、本を読む姿もいいなぁ。

 

全8回のシリーズのこれからの講師の方々のお話も楽しみです。

 

録画して、本棚にある本をじっくり見るのも楽しみ。

 

番組の中から本を知る。

 

新しいジャンルの本との出会いもありそうです。