老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

草餅を食べたくなる小説

4月に読んだ、

 

お勝手のあん 柴田よしき/著 

 

を読み終わったら無性に草餅を食べたくなりました。

 

主人公の旅籠の奉公人「やす」が蓬を摘みにいきそれを使って

草餅を搗く描写がおいしそうで、

ヨモギの香りを鼻先に感じてしまいます。

 

たまらず和菓子屋さんへ走って、草餅を買ってきました。

 

ふむ、満足~。

 

草餅にも この本にも。

 

主人公の名前は「やす」なのに、なぜタイトルは「あん」なのか?

それは読み進むとわかります。

 

そして、「あん」は「赤毛のアン」へのオマージュでもあるようです。

 

続編がでているようなので、

美味しい料理が登場するのを楽しみに読んでみたいと思います。

 

斬る場面が出てこない時代小説で、料理のことが描かれている作品は

安心だし、料理本としても楽しめてお気に入り率高めです。

 

「あん」つながりで

坂木司さんの「和菓子のあん」とドリアン助川さんの「あん」も 

おすすめ。

 

 

あんこ LOVE なんです。

 

 

 家時間がたっぷりあるから、あんこ 炊こうかな~。

 

今週のお題「おうち時間2021」