ノコノオト noko_note

nokoの雑記帳  あれこれつれづれ

青春、手遅れ

昨日、ティラノサウルスレースに出てみたいな~んて思ったのは

hapo-mina.hatenablog.com

 

益田ミリさんの「青春、手遅れ」を

読んだからかもしれません。

ミリさんが41歳の誕生日を迎える前に書いた作品。

本の中でバカボンのパパとおない年になる自分に

これでいいのか? と問いかけ

たぶん、これもいいのだ。

と締めくくっている。

そして、

将来、60歳になっている自分はそこで

どんな「中年、手遅れ」を見るのか。 

それもまた、少し、楽しみだったりして。

と、あとがきに書いている。

 

洋服の試着室のカーテンを開けるとお店の人が

「すごく大人っぽく見えますよ~」

と言ってくれることに対して

いつを境に「若々しく見える」になるのか怖い

と心のなかでつぶやくミリさん。

 

やだ、ワタシ、、、

とっくにそう言われていますよー。

青春、どころか、中年、手遅れなんだわ。

そしてそのうち「初老、手遅れ」になっていくのね~。

 

かといって、ミリさんも「手遅れ」を悔いているのではなくて

そんなことがあったと楽しんで、そして今がある。

手遅れな出来事をやってこなかったうえに今の自分があり、

それを受け入れている。

 

自分にあたえられている時間を、

誰かに持っていかれることに慣れていない。

誰ひとりとして、

わたしを自由に取り扱うことなどできないのだ。

 

自分の過ぎし日々は

すでに記憶があいまいで、

「手遅れ」も何も、

やり残したことがそんなに思い浮かばない。

 

手遅れなことがあったとしても、

それで、いいのだ~^-^

それも、いいのだ。