老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

暮らしのヒントを雑誌から

 

暮しの手帖 92 早春 2018 

・シンプルな暮らし

・「道具を楽しむ」が暮らしのまんなか

・クロワッサン 台所と道具 4/25号 2022

・捨てない暮らし

・とことん収納

 

図書館の返却ワゴンにあった6冊をそっくり借りてきました。

リフォームをする前も後からも台所や収納はずーっと暮らしの中にあります。

新しくなったところを快適な場所にしていくヒントがあればいいなぁ~とパラリとめくって眺めています。

 

物に対しての考え方~

 ・もったいないからと使わないものを持ち続けないこと

 ・物を選ぶときは機能性だけでなく美しさも大事

 ・好きと感じたものとは相性がいい

 ・使えないもの、使わないものは捨てる

 

でも、使えるのに捨てるのはなぜ?

 

取捨選択は本当に難しい。

同じところを堂々巡りしていますが、それもまた楽しいのです。

 

ところで、雑誌とは違いテーマに沿った本のことを”ムック”と言い出したのはいつのころからのでしょうね。マガジンとブックを合わせた和製英語らしいですよ。

 

豪華な付録が付くムックもありますよね。

その付録を一覧にして紹介しているサイトもあると知ってびっくりです。

うっかり覗いていたら可愛いものが沢山あって世の中の物流戦略の沼にはまりそうです。

 

ちょうど買い替えたいと思っていた保冷のお買い物トートが付録の雑誌が12/26に発売されるのですがその雑誌を一度も読んだことはありません。 1冊1280円ならバッグを買うより安いから買ってもいいかなと思わせるなんて、、、。

 

いけない、いけない。

本当に欲しいもの必要なものをきちんと選んで買いましょう。

 

沼に入るのをかろうじてとどまりました。

 

先ずは家の中を見直して気持ちよく暮らせる工夫を優先しなくちゃ(^^♪