老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

小雨の中を歩く

昨日は小雨の中を歩きました。

 

ポンコツリカバリーがほぼ完了かな?

 

湿り気の中を歩くとじんわりと汗をかくものの

外の空気は気持ちいいものです。

 

住宅街の端っこの尾根道を歩いて木々に目をやると

栗を発見!

毎年、言ってますけど、この栗、貰っちゃあだめですよね。

 

 

公園では植物採取は禁止されていますが、

ドングリや落ち葉など、地面に落ちたものは持ち帰っていいと

市の公園管理課のホームページに載っていました。

 

でもここは、公園ではありません。

 

残念だけれど、あきらめましょうね。

 

野生動物や、小人たちが秋の実りを

喜んで食べていると思いましょう。

 

ナンキンハゼも実をつけました。

紅葉と白い種子になっていくのが楽しみです。

 

 

一足早く赤くなっているのはゴンズイ

それともクサギでしょうか。

もしクサギなら赤いのは花ではなくてガクで

黒いのが実で、草木染に使われるそうです。

 

暑かった夏もようやく終わったようです。

 

 

そして今朝の空。

 

木立の向こうから陽が登ってきます。

 

今日は洗濯日和になりそうです。