老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

お蕎麦屋さんで昼食

Hapoさん(母)の老人ホームの荷物をひき取りに行った日に

近くのお蕎麦屋さんでお昼を食べました・

 

捏ね鉢が表札になっています。

 

古民家を移築したお店のお庭に座ると海が見えました。

 

港に高校のヨット部のヨットが停泊していてポールがゆらゆら揺れているのを

見ているとなんだかゆったりした気分になって、

この景色を見ていると待ち時間も苦になりませんでした。

 

 

窓際の席に案内されました。

 

せいろをオットは2枚、わたしは1枚。

 

桜エビのかき揚げを半分こしました。

 

さくっとあがって美味しかったけれど、

二人とも油物は苦手なので半分でちょうどいい量でした。

 

軒先に飾られた紫陽花が涼し気でした。

 

母が転院するとこの辺りに来る機会も減ってしまうでしょう。

 

この日のお蕎麦は思い出の味になりそうです。