老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

満月と母

Hapoさん(母)との面会は月の半ば過ぎに行くことが多いので

満月の遭遇率が高いようです。

 

先月は花火と十六夜を眺めていました。

hapo-mina.hatenablog.com

 

今月はオットが忙しく仕事が終わってから出かけたので

Hapoさん(母)のマンションへは午後9時頃に着きました。

その途中でまた花火を見ました。

車で走行中だったので写真は撮れませんでしたが

前回見た会場と同じ場所から打ち上げている花火を

高台から見るような感じでした。

建物の合間から見える程度ですが、それでも

音や華やかさは十分に伝わりました。

いつもと違う角度から花火が見られたのもラッキーです。

遅めの移動だったので見ることができた偶然に大喜びです。

 

その日の夜は温泉に入ってバタンキューでしたが、

花火を見たおかげで観光気分をほんの少し味わえました。

 

翌日の帰路では満月を眺めながら海沿いの道をドライブです。

海面が月の光に照らされている景色がおとぎ話の世界のようです。

「月の道」はどこへ続いていくのでしょうか。

 

満月の月光浴は浄化の作用があると言われています。

 

その日の夜にこころなしかすっきりした気分で眠りにつけたのは

満月と母の白はんぺんコールのおかげかもしれません。

 

↓詳しくは昨日の記事に(^^ゞ

hapo-mina.hatenablog.com