老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

冬したく

まだ10月なのに、火曜日の朝にガスファンヒーターを出しました。

 

室温16℃。 ぐっと冷え込みました。

 

買い物に出かけるときにはフリースの上着を羽織りました。

まだ10月なのに、ね。

 

まだ、もう、なのに、、、。

 

 

もう10月なのに、ずいぶんと暑い日だ。

まだ10月なのに、ずいぶんと寒い日だ。

 

勝手なもの言いをしていますね。

 

季節とともに生きているから

つい口に出てしまうのでしょうけれど。

 

暑い寒いがないのも寂しいものですよね。

 

 

さて、冬仕度の服の第一弾は、

 

f:id:hapo_mina:20211019133833j:plain

愛用のフリースとショール

アウターはKarrimo(カリマー)がお気に入りです。

アウトドア仕様のスペックがありながら街着にしても嬉しいデザインと

サイズ感がいいなと思っています。

 

アウトドアスポーツをほとんどしないのでオーバースペックかなと思いつつ

セールになると(←ここ大事)ついお店を覗いてしまいます。

 

 

可愛いものが好きだけれど、

フェミニンとかドレッシーなファッションが似合わないのが残念です。

 

一緒に出したショールはtamaki niimeのものです。

秋から春先までいつも使っています。

使い過ぎてフエルト化してきたのでそろそろ新しいものが欲しいなぁ。

 

播州織で作られているこのショールはガーゼのように繊細で

空気をふくみ軽くてあたたたかく巻き方でいろんな表情があって

シンプルな服装のアクセントになってくれています。

 

季節が変わっていくおかげで冬の服を着る楽しみがありますね。

 

フリースを着こんで外を歩いていたら

公園横の道にどんぐりがいっぱい落ちていました。

f:id:hapo_mina:20211019140802j:plain

どんぐりがいっぱい

冬仕度をしている森のくまさんに持っていったら喜んでくれるかしら。

こんな想像をしてしまうのは、TVドラマの「アンという少女」の影響です。

美容院へ行ってショートヘアを整えてきたので、

少年のような、アンの気分を味わっています。

 

いえ、

おじさんと言われないように可愛いブローチを胸につけて

ぶらぶら散歩しています^-^