老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

長傘 それとも 折りたたみ ?

そろそろ梅雨明けしそうなのに、傘の話題です。

 

朝から雨が降っていて公共交通機関を使って出かける時に持つのは

 

 

長傘?

 

 

それとも

 

 

折たたみ傘?

 

 

どちらでしょうか?

 

 

ワタシは、

 

 

断然!

 

 

折りたたみ傘です!!!

 

 

この話し友人にすると

 

「え~~~どうして? 出かけるときから雨なら長傘でしょう」

 

と不思議がります。

 

 

そうですよね。

 

 

ワタシもかつては長傘が当たり前でした。

 

 けれど、電車などに乗って出かけるときは

 

折りたたみ傘に替えました。

 

傘と一緒にお手製の傘袋と吸水タオルを持つようにして。

 

電車に乗ると、自分の傘が人にあたってその人の服を濡らすことがあります。

 

その逆もしかり。

 

何度も靴やスカートが濡れて不快な思いをすることがありました。

 

雨の日は傘が濡れていて当たり前ですもの、しかたないですよね。

 

 

雨の日に濡れた傘をそのまま持たないようにするには、、、

 

 

それで思いついたのが、

 

傘袋と吸水タオルです。

 

既製品で傘カバーの内布が吸水タオルになっているものが

 

売られていますが、

 

電車やバスに乗る時にスムーズに納められるサイズではないな~と思い

 

自分の使いやすいサイズで作ってみました。

 

簡単な手提げの収納袋なんですが、

 

撥水性のある素材を使って

 

一緒に持ち歩く吸水タオルで

 

折りたたんだ傘をさっと拭いて、

 

傘をくるっと包んでから

 

手提げにストンと入れます。

f:id:hapo_mina:20210716124132j:plain

折りたたみ傘と収納袋

 

 

サイズにゆとりがあるので出し入れが楽です。

 

 

吸水タオルのおかげで水が滴ることもないので

 

そのまま手に持ってもいいし、バッグの中に仕舞うこともできます。

 

これを持つようになってから雨の日の電車でも気楽になりました。

 

 

 

長傘を持たない理由は、その持ちにくさにもあるんですよね。

 

体を濡れないように守ってくれる傘なのに

 

使わないときは、長くてちょっとやっかいもの。

 

電車の中で手に持つのも、

 

歩いているときに持つのも、

 

引きずってしまいませんか。

 

 

そして忘れ物になりやすい。

 

 

この収納袋のおかげで小さなストレスが解消されました。

 

 

とはいえ、長傘のメリットもありますから、

 

電車に乗らないお出かけ、

 

例えば

 

雨の日に

 

近所のスーパーへ歩いて行くときとか、

 

お散歩とか、

 

車で出かけるときに

 

家から駐車場までの間とか

 

そんなときは長傘を使います。

 

 

車に乗る時は

 

傘の外側が濡れていないという

 

二重構造の傘を使います。

f:id:hapo_mina:20210716124432j:plain

濡れない長傘

 

これだと車の足元が濡れにくいので便利です。

 

どれだけ、濡れるのいやなんでしょうね。

 

 

雨の中で明るい柄の傘をくるくる回しながら歩くのは好きなんですよ。

 

周りに人がいないところで ね~☺☂

 

 

雨が降っても、電車やバスに乗ることがほとんどなくなったので

 

ちかごろは長傘派に戻っているのですけれど、、、。