老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

玄関の模様替え 2021年3月

f:id:hapo_mina:20210309141418j:plain

春のしつらい

玄関を模様替えしました。

花と絵を飾ります。

 

絵は松尾ミユキさんが描いたもの。

 

松尾さんは雑誌のイラストでおなじみですが

アイリッシュハープとアコースティックギターのユニット

tico moon」のCD Beautiful Days のジャケットのイラストを見て

胸キュンした方です。

春から初夏にかけてこの絵を飾りたくなります。

 

 

 

 

散歩の途中で花屋さんに立ち寄ってオットと一緒に選んだ

フリージア、スイトピー、桜小町を出西窯の花瓶に生けました。

 

切り花を花屋さんで選んで買うのは久しぶりで

お話ししながら買うことの楽しいこと。

1本でも気兼ねなく買いに来てくださいね、と言われ喜ぶ。

オットが選んでくれたことにもっと喜ぶ。

 

そんなことを思いながら生けた花をみていると自然に笑みがこぼれる。

 

桜小町は撫子の一種だとか。

撫子は母の好きな花。

知らずに選んだオットですが、なんだかうれしさ3倍増しになりました。

 

 

図書館への道での今日の春の気配。 ↓ 

f:id:hapo_mina:20210310130748j:plain

桜 咲き始めました。



f:id:hapo_mina:20210310131129j:plain

馬酔木は満開です

ついこの間 ここの馬酔木が満開に咲いているのをみて

春が早いな~と思ったのはもう一年前のことだったなんて。

 

あっと言う間の一年ですが、

変わらずに季節がめぐることをありがたく思います。