老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

裸足でチェロを弾く男

すてきな人に出会ってしまいました。

 

 

縫い仕事をするときに時々 インターネットラジオ AccuRadio の

www.accuradio.com

 

クラシックチャンネル をランダムに流しています。

 

 

先日は 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲が流れていて

 

CMで流れている耳馴染みある曲でした。

 

後半のタ~ラ~ラ~ラ~♪ と高音のところが、勇気つけの音に感じます。

 

 

この曲のチェロの演奏をもっと聴いてみたいなとネットで検索してみると

 

 

インスタグラムで「モルディブの砂浜でチェロを弾いている」

 https://www.instagram.com/hausercello/

 

チェロ奏者に出会いました。

 

 

調べてみると 2CELLOS という名前で2011年からチェロデュオとして活動していて

 

Stjepan Hauser(ステファン ハウザー)という方でした。

 

 

 

日本でのコンサートツアーも過去にあったようですね。

 

 

チェロの包み込むような音色がとてもおだやかな気持ちにしてくれるのに加え

 

こんな素敵な人が演奏しているなんて🥰

 

カジュアルなチェロというのかな?

 

 しばらくは彼の演奏に包まれる時間が続きそうです。

 

 

 

 

チェリストといえば、ヨーヨー・マ か 藤原真理 のお二方しか知らなくて。

 

 

世の中には知らないことがあふれていて、

 

新しいことを知った喜びにもあふれています。

 

 

暮らしの中に ハウザーのチェロ演奏が加わって嬉しいなぁ。

 

もちろん もうお一人の雪山でチェロを弾く男

 

Luka Sulicルカ・スーリッチ)と

 

デュオとしての2CELLOSの演奏も聴いてみましょうね。