老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

不憫

 録りためていたドラマを見た週末。

 

不憫で涙が止まらなかったドラマが

 

「人生最高の贈りもの」

www.tv-tokyo.co.jp

 

父が娘に「がんばれ」と言い、別れるシーンが

眠りにつく布団の中で回想されて涙があふれた。

 

と翌朝オットに伝えると、

 

「泣くことも笑うことと同じくらい

  心の清浄になるんだよ、よかったね。」と言ってくれた。

 

 

「不憫で涙が出た」ということをHapoさんも以前言っていた。

 

 

そのドラマは、2009年に放送された「白い春

www.fujitv.co.jp

 

 

放送当時、主人公「春夫」が不憫で不憫でしょうがないと言って

目を真っ赤にしていた母。

 

状況は全く違うのに、自分の息子(長男)に重なっていたらしい。

 

春夫と似ているところと言えば、背が高いということだけなのに。

 

母は息子をずっと不憫だと思っていたのだろうな。

 

いろいろ、あったからね、、、(詳細省略)

 

あのとき、母も泣くことで心を落ち着かせていたのかもしれないね。

 

おととし再放送があったので

 

白い春」覚えている?と聞いたら

 

「あれは、罪なドラマよ。泣けてしょうがないからもう見ない。」

 

不憫に思えたことはしっかり覚えている。

 

 

 

「 不憫」には、かわいそうなこと、あわれなことのほかに

 

「かわいがること、そのさま」という意味もある。