老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

明日は、いずこの空の下

f:id:hapo_mina:20210112153335j:plain

明日は、いずこの空の下 (上橋菜穂子・著)

精霊の守り人」を書いた作家さんのエッセイです。

 

初めての作家さんで、ずっとお若い方だと思っていました。

 

ところが、同世代の方とわかり、とたんに親しみを感じました。

 

 

母親の帯状疱疹のことが、かつての親友との交流に思い巡り、

 

わかること、わからないこと、伝わること、伝わらないこと

 

それよりも、ただ人が思ってくれていることを知るだけで痛みはこんなにも

 

癒されるものだという作者。

 

その記述が自分とHapoさん(母)のことが重なりながら、

 

うふふ、ほほほ、へへへ~、と言葉にならぬ声が出てきました。

 

ファンタジー大作を書かれた作者の舞台裏を垣間見たようです。

 

 

・「颯爽」という言葉を聞くと思い出すイギリスの老女。

 

・流れ過ぎ去って行くすべての中にも、小さく輝く欠片がある。

 

・本当に優れた物語は、物語であることを感じさせない。

 

そんな、光る言葉をみつける喜びのある本でした。