老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

ケアプランの更新

先日、Hapoさん(母)のケアマネージャーさんから電話がありました。

 

施設に入居してそろそろ3か月経つのでケアプランの見直しをしたい

とのことです。

 

現状は、

介護ベッドと歩行器のレンタル。

週3回のディサービスと、

週2日のヘルパーさんの介助で入浴の無い日の清拭をお願いしています。

 

今後、どうしましょうか?

 

との質問ですが、現状の様子もほとんど分からないので

どうしたいかを私から伝えることはできません。

 

先ずは本人に確認をしてほしいと伝えると

なんだかはっきりしない返事。

 

更新手続きの書類に署名が必要なのでそれを私(娘)に

書いてほしいというのが本題らしい。

 

母は、自分で自分の名前が書けます。

介護の希望があれば、母は自分でお答えできると思うので

先ずは母に会いに行ってください。

 

署名を私が書かなければいけないのであれば

今度の日曜日に面会に行くので

書類を施設の担当者に預けて下さい。

 

寝たきりにならない、

自力でトイレへ行けることを維持してほしいというのが

本人と家族の希望です。

 

と思っていますが、母はほんとうのところ

どう思っているんでしょうね。

 

面会に行っても30分しかその時間が許可されていないので

なかなか踏み込んだ話ができません。

 

母の部屋へ行き、じっくり話ができる日が

一日も早く来る日を望みます。