老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

人に会うことを 考える、、、。

第三波で、お出かけはこれまで以上に慎重に考えて

 

行動をしなければいけなくなりました。

 

専門家の方々のお話しのなかで、

 

感染症対策をもうやっているからこれ以上することがない、

 

と思うのではなく、

 

今までやってきたのだから

 

これからも続けるという気持ちをもってほしい。

 

継続は力なり。

  

もうやんなっちゃた。

 

と思うものの、

 

基本の対策は続けることが大切なんですよね。

 

 

 

そこで、人と会うことはどうすればいいんだろう。

 

「5つの小」

 

新しいスローガンが生まれましたね。

 

 

友達4人で会おうとお誘いがあります。

 

小人数に当てはまるでしょうか。

 

去年の忘年会以来の再会予定です。

 

きっと、おしゃべりで盛り上がるでしょう。

 

マスクを外した会話は15分以内、、、守れるでしょうか。

 

会う場所の候補地は、都会の密なエリア。

 

当日の人出はわからないものの、

 

だめですよね、、、。

 

 会いたい、おしゃべりしたい。

 

だけど、

 

翌週にHapoさんのところへ行く用事があります。

 

悩んでいるのなら、中止。

 

残念ですが、お断りの連絡をしましょう。

 

優先順位を考えると

 

今は、Hapoさんが第一位でしょう。

 

「ずいぶん、親孝行だなぁ~」と夫の声。

 

 

いえ、自分が後悔しないためです。

 

 

人に会いたい、友達とおしゃべりしたい。

 

 

オンラインではなく、生身の人と会いたいねぇ。

 

 

しばし、がまんの時は続くのだーーーー。

 

 

3連休は、

 

ご近所散歩で過ぎてゆきました。