老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

十本の指

先日、再放送されたNHKの仕事の流儀

www.nhk.or.jp

 

「餅ばあちゃんの物語」を見た。

 

津軽の風景もさることながら、

和菓子職人のミサオおばあちゃんの美しさ。

 

見た目ということだけではなく、生き方も。

 

いろいろと心に響く言葉があったけれどなかでも

 

「十本の指は、黄金の山」

 

この言葉をミサオさんは、自身の母から言われた。

 

93歳になった今もその言葉を信じて生きている。

 

ミサオさんのそばにはいつも「母」がいるのを感じた。

 

ミサオさんだって偉大だなと感じるのに。

 

「仕事、仕事さ教えてくれる」

 

そうも言った「母」

 

母は、いつでも偉大なのだ。

 

 

珠玉の作品を偶然にも見ることができて

私は、なんと運がいいのだろう。

 

 

自分の十本の指を見て

 

ずっと手を動かして生きてゆきたいと思った。