老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

やきとり缶 ~ 母の家からレスキュー その2

こだわりの焼き鳥缶詰とレトルトごはんをレスキュー。

f:id:hapo_mina:20201015162935j:plain

焼き鳥はいなば!

焼き鳥の缶詰は数あれど、Hapoさんのこだわりは「いなばのタレ味」。

それ以外はたとえ「いなば」でも塩味は却下。

どれも同じでしょ~と思うなかれ、やはりいなばのタレ味は美味しい。

ただ味が濃い。

なのでレスキュー後の我が家では、卵とじにして親子丼風にして食べます。

夫には好評です。

 

Hapoさんの家から食材をレスキューしたおかげで

我が家の食生活が助けられています。😅

 

Hapoさんがご飯を炊かなくなって久しい。

自炊がほぼできなくなってスーパーで惣菜を買ったり、

私が行ったときにおかずを作り置きしたりで過ごしてきた。

考えてみると、ごはんを炊かなくなったあたりで

ひとり暮らしは厳しかったのだろうな。

それでも、「ひとりがいい」というHapoさんの気持ちを大事にしているようで

それに甘えてきたなーと思うものの、過去をとやかく言ってもしょうがない。

 

最近、「しょうがない」ことが増えてきたけれど

それも、しょうがないのであります。

 

夫がすかさず、「生姜は、あるよー。」

はいはい、おやじギャグありがとうさん です。

 

親の変化を見過ごさず、

寄り添うことの大切さ、

大変さを

通り過ぎてから気が付く

呑気な娘であります。