老母の握力

介護の入り口。老母(ローボ)と老娘(ロームス)のつれづれ。

カップヌードル ~ 母の家からレスキュー その1

カップヌードルシーフード味miniを頂きます。

f:id:hapo_mina:20201014152739j:plain

シーフード味のカップヌードル

Hapoさんの家からレスキューしてきたもの。

施設に転居したので部屋の片づけをぼちぼちとやっています。

 

わが母、Hapoさんを自慢するとしたら、

断捨離の必要のない生活をしていたことです。

 

限りあるスペースの中に納まるものだけで生活し、

決められた場所に、決められたものを置く。

いつもスッキリを暮らしていました。

 

とはいえ、掃除が私の役目になって久しいのですが、

物が少ないので掃除のはかどる家でした。

 

母は50歳を超えるころから、

身辺を整理して無駄なものはなく部屋はいつも片付いています。

大雑把に見えるようで繊細なのだと思います。

 

 

片付けたのは主に食材で、Hapoさんの代わりに頂くことにしました。

 

ひっさしぶり~のカップヌードルにお湯を注ごうと思ったら

なんと1か月前に賞味期限切れ。

でも気にしなーい。

賞味ですもの~。

 

最後に食材を買ったのは、入院前の4月だから余裕の賞味期限だったのですよね。

ついつい後回しになってしまったけれど無駄にせずに頂きまーす。

 

Hapoさんは、カップヌードルでもこのシーフード味のminiしか食べません。

味と量がお気に入りだったようです。

食生活が単調になると、ときどきジャンクなものを食べたくなりますよね。

Hapoさんにとって、それがこのカップヌードルだったようです。

 

けどね、これももう食べられないのよね。

 

インスタント麺は体に悪いって言うし

食べなくてもいいものだけれど

食べられないと思うと、食べたくなるのかな~。

 

夫がインスタント麺を好きではないので、

家で食べることはないけれど

このめったにない食べるチャンスを

懐かしく思うときが私にもくるのかしら?

 

いずれにせよ、

食べ物を無駄にすることなく

レスキュー食、

いただきまーす。